スポンサードリンク

富士山金剛棒

世界遺産になってから、富士登山者が随分と増えました。
と同時に富士山の金剛棒もメジャーな存在になってきて、是非買って登山のお供にしたいという方が多いです。

値段や長さなどの情報と、邪魔にならないか?まとめました。

スポンサードリンク

富士山金剛棒の値段はいくら?

金剛棒って、今や種類が沢山でてるんです。

男性に丁度よい長いもの、女性向けの短めのもの、ミニサイズでおみやげ用のものなど、金剛杖は長さのバリエーションがあるだけじゃなく、旗つき、鈴付き、紐付きといったデコレーション(笑)も何パターンもあるんです。

(種類は多いですけど、どれも断面は八角形なのが特徴です。
四国のお遍路さん用のものなどは四角形の木材を使います)

こちらの金剛棒の画像検索結果を見れば、一目瞭然です。

これだけバリエーションが増えてしまったので、値段もかなりマチマチですが、

杖として使えるサイズで800円から1500円です。

私が確認できたのは・・鈴付き1000円 旗付き1200円 地図旗付き1500円

ただし、登山口も何箇所かありますし、販売店は沢山あるので、一律同じとうわけではないと思います。目安にしてくださいね。

お菓子の金剛棒も値段が近い(笑)

追記:杖の販売店情報

富士登山はここ数年で人気がうなぎのぼりとなり、登山者もかなり増えした。

それに伴い、昔のように5合目までマイカーで行って登山するのはほぼ無理になりました。(夏場の交通制限の期間がシーズン全体になるほど長くなってしまったので)

そこで、都心からだと新幹線を使って新富士駅に行き、そこからバスを使うというルートの登山家も増えてきたんじゃないでしょうか?

最近新富士駅を見てきましたら、改札を出た駅構内のお土産物屋さんでも、各種サイズの金剛棒が販売されていましたよ!

TOPシーズンの山小屋でも売り切れってのは見たことないですが、心配な場合は新富士駅で買うというのも一案かもしれません。

また、このお店には富士市の有名な製紙業者の作った、変わり種トイレットペーパーが購入できます。

軽い、安い、ウケるの3要素が揃っているので、帰りにお土産として買っていくのもおすすめです。(諭吉さんの札の印刷されたゴージャスな?トイレットペーパーなどもあります 笑)

富士山で金剛杖に焼印してもらう値段

杖を1000円位で買って、登るわけですが、この富士山で金剛杖を買う理由って、山登りに必要だからって理由よりも、この焼印がメインだったりします。

登っていく途中、○合目毎に山小屋がたいていあるんですが、そこでこの金剛杖に焼印をいれてもらうんです。

これが、めちゃくちゃ古風で、金属の焼きゴテを火のなかで熱しておき、これを木製の杖に押し当てて焼入れしてくれます。

5合目が最初だったら、下の方に押されて山頂に近づくにつれて上の方に焼印を入れてもらうというシステムです(笑)

焼印がずらっと並んだ杖は、それだけでカッコよくなりますよ♪

この焼印は有料で、1箇所押して貰う毎に200円払います。

最初登った時は、別料金ってどうなの?って思いましたが、焼印おしてくれた兄ちゃんがなんか服装も、入れ方もカッコ良くて、すっかり楽しんでしまいました。

あ、それと思い出しましたが、富士山は山頂にも売店があったりしますが、山頂への荷物上げ代がかかているので、なんでもびっくりする位に値段が高いです。

カップラーメンなんかも売ってますが、これが激高価格&お湯の沸点がひくいために、普通に3分だとまだ固めだったりします^^;

ポテチの袋は、はちきれるほどパンパンになったりしておもしろかったりします。(持って行って確かめること推奨)

富士山の金剛杖って邪魔にならない?

最後に金剛杖が必要かどうかの見解をのべてみたいと思います。

まず、最初の富士登山だったら金剛棒は買った方がいいです。
で、焼印をいれてもらって山頂まで登る。

これは、ホントに記念になります。

下山してから邪魔になるって方もいますが、邪魔といいながらも傘立てなんかにずっと何年もあって、10年以上たって、子供がみつけて富士登山の思い出話をしたり・・なんてことが起こりますよ。

山頂まで登った証として、これほどふさわしいものはありませんので。

ただし、登山の時に邪魔にならないか?というと
本音は・・ちょっと邪魔 です(笑)

ストックだったら、コンパクトになるし軽いのでダブルストックでも楽々なんですが、金剛杖は短くなりませんし、ストックよりは重いですから。

もう一つの選択肢としては、短い40センチ位のものを買って焼印をいれてもらうというのも一案ではあります。

ただ、苦楽を共にした長い杖と、記念だけの短い杖では思い出の重みもちがってきてしまいますけれども。。

一度金剛杖で登ったら、もう次からはストックですね。

使わない方も多いでしょうが、下山するときにダブルストックだと膝への負担がずいぶんと違ってきますので、検討してみてください。

まとめ

金剛棒の値段はまちまちだが800円~1500円程度/本
種類が沢山あるので、使う人や用途にあわせて選びましょう

金剛杖を買う醍醐味は山小屋でもらう焼印
1箇所200円で押してもらいます。けっこうカコイイ♪
※雨だと押してもらえないことがあります(コテが痛むので)

杖よりストックの方がはるかに優秀
杖は本音をいうとちょっと邪魔だけど、思い出のために初登山は金剛杖がおすすめ。

スポンサードリンク