今年こそは平塚七夕まつりへ行きたい!と思った時に必要な情報満載です!是非ご覧ください。
電車やバス、車でのアクセス・臨時無料駐車場などの情報をまとめました。

スポンサードリンク

平塚七夕祭りの行き方

平塚の七夕祭りの行き方ですが、関東でもかなり大きなイベントとなりますので人出も165万人などというビッグイベントとなります。

電車以外にも自家用車や路線バスなどの交通機関は利用できますし、運営側でも駐車場などの対応はしていますが、当日は想像以上に人でごった返しますので、やはり電車で向かわれるのが、時間も正確ですので一番おすすめです。
  電車・バス・車で向かう場合の注意点をくわしく後述します。 

※↓平塚たなばた祭りの混雑ぶりや喧騒ぶりが分かります

平塚七夕祭りの最寄り駅

電車の場合は、JR平塚駅が最寄り駅となります。
会場は北口商店街がメインとなりますので駅から徒歩2分程度の距離です。
実際にはもう平塚駅北口にでたらすでに七夕会場という感じですね。

東京方面から向かう場合、神奈川県の真中あたりまで、それなりに遠出になる印象ですが、所要時間はそれほどかかりません。

この辺も平塚七夕祭りの人気の理由のひとつかもしれませんね。

所要時間目安(東京方面からの場合)
・東京駅から・・・JR東京上野ラインで約60分
・新宿駅から・・・JR湘南新宿ラインで約65分

イベント帰りの時間帯は発券機前にも長蛇の列ができます。
復路の切符も一緒に出発駅で購入しておくか、平塚駅に到着したときに帰りの切符を予め購入しておくと、帰路がスムーズです。

バス、車で行く場合は注意点がありますので以下を参考になさってください。

バス

他の公共交通機関といえばバス。路線バスの殆どは普段は平塚駅を経由しますが、七夕イベントのため、駅近辺は迂回して運行されます。
平塚駅までのらずに手前のバス停で下りて歩いたほうが早い場合も多いので予め手前のバス停から会場までのコースをチェックしておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

バスの場合は神奈川中央交通バスが小田急小田原線本厚木駅・伊勢原駅・秦野駅からでていますので、平塚駅行に乗り、終点の平塚駅北口下車 となります。
(本厚木駅からの場合、所要時間は神奈中バスで約40分:公式サイト情報)

自動車で行く場合

会場周辺は全面的に交通規制がしかれます。その影響もあり周辺は余計に混みやすくなっていますので、渋滞に合う覚悟は必要です。

小さいお子様がいる場合は、簡易トイレなどがあると安心ですね。

参考資料:交通規制マップ
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/tanabata/kisei.htm

無料の駐車場も用意はされていますが、距離にして1.5キロから2キロ程度会場から離れていますので、シャトルバスで会場まで向かうことになります。

駐車場は無料ですがこのシャトルバスは有料で大人100円/子供50円かかります。

仮に、自分で会場まで歩くと大人の足で30分位の距離ですから、のんびり歩いてというのも良いと思いますが、その場合は地図などを事前に用意しておきましょう。
(駐車場の詳細情報については後述)

現地までの所要時間目安
・圏央道・茅ヶ崎海岸ICから約10分
・小田原厚木道路・平塚ICから約20分

自転車

 
車から自転車にに乗り換えてというアイデアは、平塚七夕まつりではつかえません。
実は開催帰還中は自転車であっても会場内乗り入れ禁止となっています。
わざわざ駐輪場を錦町公園及び見附台広場脇に開設していますので、そちらへ迂回して停め(無料)、またそこから歩いて会場へいくことになります。

七夕祭り 平塚の無料駐車場の場所と時間

平塚七夕祭り当日は、臨時で無料駐車場が用意されます。
駐車場の開設時間は9:00~22:30となっています。

平塚競輪場東側あたりの相模川河川敷に1500台分を用意し、そこからシャトルバスで平塚駅南口に向かいます。

※駐車場とシャトルバスマップ

シャトルバスは有料:大人100円/子供50円

他、有料駐車場も周辺にわずかにありますが、すぐに埋まってしまいますので時間に余裕をもっておでかけください。

又、駐車場を出る時間帯には交通が集中しますので、すこし早めに車を出すなどの工夫をすると、比較的スムーズに出庫できます。

スポンサードリンク