子供の箸は、いつから使わせたらいいのか迷います。
正しい持ち方を身につけさせたいですしね。

今は上手にお箸をつかえるようになるための、いろんなグッズがありますが、どうやって選ぶのが良いのでしょうか。
箸を使う練習の時期と、ピッタリなグッズなどについてまとめました。

スポンサードリンク

子供の箸はいつから持たせるといいの?

お箸の練習
子供がお箸の練習を始める良いタイミングというのは、日常の成長のなかで丁度良い時期やそのサインがあります。

いつから練習を始めるのが良いのでしょうか?
それぞれの場合についてみていきましょう。

年中や年長になった時、幼稚園で練習をはじめたとき

年中や年長になった時は、本人が「おにいさん、おねえさんになったね」と先生にいわれるようになるタイミング。

 

本人もちょっと背伸びして、やる気になっているはずです。

 

そんな時に、ちょっと「お箸を使ってみようか?」と背中を押してみるのも良いきっかけになります。

 

まわりのお友だちも、お箸を持ってくることが増えてくるので、日頃から本人の目についてもいると思います。

 

練習を開始する園では「箸を持ってきてください」とのお知らせがあるようです。

一斉に練習することは、「もう箸で食べなくちゃ!」という本人の自覚を促すのに役にたち、思ったよりも早く使えるようになったりします。

スプーンやフォークを鉛筆もちできるようになったら

スプーンやフォークを握って持つのではなく、鉛筆の持ち方で食べられるようになったタイミングもお箸をもつことができるようになったサインです。

 

箸の持ち方は、鉛筆持ちに似ていますから、スムーズに練習を始めることができます。

指が上手にコントロールできるように発達してきた合図ですので、このころには、箸も持てるようになるのです。

箸を持ちたいと興味を示したとき

大人の使う箸をじーっとみつめて、興味をもつ時期がいずれやってくると思います。
「お箸をつかってもいいの?」「どうやってつかうの?」そんな質問をすることもあるでしょう。

 

それは「やりたい!」という子供のサインです。
仮に忙しくて時間がないといった場面であっても、そんなタイミングを逃さずに、気持ちを大事にして教えてあげたいものです。

 

そして、「難しい」「嫌だ」とならないためにも
練習途中で飽きてしまわないような使えるグッズを利用するのがおすすめです。

種類が沢山揃っていますので、子供に合ったグッズ選びもポイントになってきます。

子供のお箸の練習グッズはたくさんあります!

子供の箸の練習グッズにはいろいろなものがあります。

一般に、矯正箸といわれるもので、指をいれるリングや載せる場所が指定されて、自然と正しい持ち方になるように作られているのですが、現在はいろいろな種類の練習グッズが売られています。

リングに指をいれるタイプ

リングに指を入れるタイプはとても人気が高いのですが、
エジソンのお箸は、そのなかでもトップクラスの人気商品です。

 

なんと、2歳でもリングに指をいれることできちんと持つことができてしまうのですから驚きです。

 

エジソンのお箸はリングが立体的についていることがポイントで、それによって力が丁度うまくはいるような作りになっています。

スポンサードリンク

 

持ち運びができるような専用ケースも用意されているので、幼稚園や保育園に持っていくお子さんにも便利です。

 

初めてお箸をもつときに、「できた!」と思えるところがいいですね。

 

リングを最初につけて徐々にはずせるようなタイプのものもありますので、良いイメージで練習をはじめ、徐々に普通のお箸になれていくといった使い方ができます。

くぼみがあるタイプ

お箸の指がつく場所にくぼみがあるタイプの矯正箸があります。

 

くぼみに指が落ち着くので、正しく持てるようにサポートしてくれます。

箸は二本を平行に持つことが難しいのですが、正しく握ることができれば、きちんと使えるようになります。

 

いくらかお箸を持てるけれど、正しくもつことが難しい…そういうときにおすすめなタイプです。

普通のお箸につけるもの

最近では、100均などでも普通のお箸につけるタイプのものが販売されています。

 

リング部分をつけるものや、箸の太い部分につけてお箸がクロスするのを防ぐものもあります。

はずせば普通のお箸になるので、これで練習できるといいいですよね。

 

自分でつけることができるものは、園にも持っていけますし、外して洗うことができるので清潔に保てるところもポイントが高いです。

割りばし

へ?割り箸?!って思う方もいるとおもいますが、
意外におすすめなのが子ども用の割ばしです。

 

なぜなら、割り箸はすべりにくいので、麺類でもつかみやすいから。

 

箸は持てるのだけど、つるつるしてつかみにくいからいや!というお子さんには良いですよ。

ちゃんと掴める=出来た=うれしい♪この成功体験って大事なんです。

 

割りばしを使ってたらできるようになった!そんなママからの声もあります。

子供の箸の選びかたのポイント(長さや材質)

手のサイズとお箸の長さなんて、大人でもあまりしっかり考えることはないと思います。

自分の手にあった持ちやすい太さ、使いやすい長さを選んでいるはずです。

 

でも、練習を始めた子供はどれが自分に丁度良いお箸かなんてわかりませんよね(笑)

 

子供の箸の良い選びかたのヒントがいくつかありますので目安にすると良いですよ。

子供用に箸を選ぶときの注意点はまず、「長さ」「すべりにくさ」などがあります。

 

長さは親指と人差し指を開いた長さの」1~1.5倍くらいがちょうどいい長さです。

 

目安としては3~4歳が14.5㎝。5~6歳だと16㎝。7~9歳が18㎝くらいが一般的です。(子供の手の大きさによりますね)

 

又、滑り止めがついていて、あまり先が細すぎないほうが安全です。

はじめのうちは、お箸をくわえたまま歩いたりするとも限りませんから、最初の箸えらびは、少しだけ慎重になったほうが良いでしょう。

 

又、口に直接いれるものですから、安全性を考えると先端部分にげるような塗料が塗られていないほうがいいです。

 

とっいても、プラスティック素材のお箸はカチカチ音がしますし、歯で噛んでしまって、先端が折れることもありますので、天然素材がおすすめです。

 

もちろん、本人が「これがいい!」と気に入ったものを選ぶのも大切なポイントです。

お気に入りの箸ならば練習もたのしくできるものです。

 

これらのポイントをクリアしたピッタリなお箸がみつかるといいですね。

まとめ

子供の箸は、時期をみて子供の成長にあったものを選びましょう。

あまり無理をせずに、箸が使えたことをほめて練習をしていくとやる気が出ます。

出来ないからと、親がイライラして怒り出すのは良くありません。
グッとこらえて良い部分を見つけて褒めてあげましょう。

子育て全般で、怒ると叱るは親がしっかりと意識して使い分ける必用がありますね。なかなか難しいことではありますが^^;

スポンサードリンク