年齢とともに、気になるシミや肝斑・・コレさえ無ければもっと若く見えるのにと思いますよね。
レーザー治療なら直ぐ消えるとは聞きますが、そこまでしようとは思っていないと場合、まず他にためしてみる価値のあるものがあります。

スポンサードリンク

シミを薄くしたい!

シミを薄くするには?
シミって嫌になっちゃいますよね。紫外線が強くなる春先は特に注意していないと思いの外紫外線を沢山浴びてしまいますから、注意が必要ですよね。

 

あまり聞き慣れないかもしれませんが、シミって別名なんて言うかご存知ですか?

 

老人性色素斑

というのがシミの正式名称なんですって・・^^;

 

シミって言った方がまだマシって思いましたね。

 

肝斑っていうのもシミと同じ様に言われることがありますが、この二つは別物なのだそうですね。

 

肝斑は実は、未だにはっきりとは原因がわかっていないのですが、特に女性に多い症状で、頬の高い位置(ほほ骨のあたり)の左右に対象に出てきます。

 

レーザー治療は逆効果になることもありますが、トラネキサム酸を服用することで改善してくれるのは肝斑の方です。

 

ストレスや女性ホルモンにも関係しているので、ある意味老人性色素斑よりもやっかいな一面もあります。

老人性色素斑にケシミンがいい?

老人性色素斑にはケシミンを塗ってみたという方はきっと大勢いらっしゃると思います。

 

ですが、このケシミン
私も使ってみたことがありますが、効果が感じられませんでした。
そこで、成分をきちんと調べてみたところ・・

 

実はシミを消す成分ってはいってないんです!

シミを防ぐのがこのケシミンという製品だったんです。

 

ビタミンC誘導体とビタミンEが配合されているため、たしかにシミに対して全く効果がないとは言えないのですが、これでシミを消すためにはかなり長い期間が必要だろうということがわかりました。

 

シミに直接アプローチする成分っていうのが実は他にあるんですね。

スポンサードリンク

 

ですから、ケシミンで効果がなかった方は、そちらの成分を配合してあるものを使った方がより確実に早くシミ改善を目指せるということになります。

ハイドロキノン4%プラスナノが効果的

シミに直接アプローチしてくれる代表的な成分はハイドロキノンです。

 

聞いたことがあるという方が多いと思いますが、同時にハイドロキノンはちょっと怖いというイメージの方もいらっしゃると思います。

 

というのも、塗ってから紫外線にあたってしまうと逆効果になるとか
肌に合わない場合があるといった点で心配になる方がいらっしゃるからです。

 

ですが、4%程度の濃度の場合はあまり心配しないでも大丈夫というのが個人的な見解です。

 

基本的にパッチテストはやらないとダメですが、もともと医薬品として利用されている成分で、一般流通しているものは濃度がかなり薄いという認識です。

 

ニキビ跡が大きなシミになってしまった方が満足しているという口コミもあり、かなり評判も良いです。

 

ただ、ハイドロキノンで効果実感するのには多少時間が必要だと思っています。

 

というのも、ハイドロキノンは新たなメラニンの生成を抑制してくれる成分であるため、今あるメラニンを消すという部分では少々力不足感があります。

 

それでもハイドロキノンは直接アプローチしてくれるので、他の成分に比べればかなりおすすめです。

 

お値段的にもプラスナノHQクリームなら比較的安価なので続けやすいという利点もあります。

ハイドロキノンケアクリーム[おすすめ]送料無料【メール便】プラスナノHQ1本 5g/ハイドロキノン(肌を整える成分)/コンシーラー/

 

※今あるメラニンの排出を促してくれるトレチノインクリームを併用するとさらに早く実感できますが、トレチノインについては、海外では一般的ですが日本では市販はなく、こちらはお医者さんで薬として処方されないと一般的には入手できない成分となります。