脂漏性角化症とはいわゆる老人性イボと呼ばれているものです。
ですが、実はこの脂漏性角化症はイボと呼ばれていますが、イボではありません。
イボとはウィルス感染によるもので、時間がたてば治るものが多いのです。
脂漏性角化症の原因、治療、治し方などをまとめました

スポンサードリンク

脂漏性角化症の原因とは?

脂漏性角化症を治したい

老人性イボの大きな原因は外部からの刺激です。
主に紫外線と摩擦が原因と考えられています。

加齢により出てきやすくなりますが、大元は子供の頃までさかのぼって

例えば、学生時代にサーフィンをして紫外線を沢山浴びていた場合などは、年齢を重ねるにつけ出やすくなってしまいます。(日光角化症)

脂漏性角化症と老人性色素斑

紫外線や刺激が原因と聞いて、あれ?シミや黒ずみと同じ原因?と思ったあなた!するどいです。

 

老人性色素斑=シミも同じように紫外線や刺激(摩擦)などが原因ですよね。

 

実はこの老人性色素斑=シミを放置しておくことで、脂漏性角化症へと進行してしまうと言われています。

 

もともとはシミ、ほくろのようになって盛り上がって、イボになる。
という具合です。

 

ただし、脂漏性角化症は必ずしも黒くなるわけではなく、回りと同じ色の場合もあるとのこと。

 

年齢を重ねると、まぶたや首筋にできる肌色のポツポツもこの老人性イボのことが多いです。

老人性イボの参考写真:医療法人恵生会 長瀬内科医院
http://nagase-keiseikai.com/newpage17.html

脂漏性角化症は陰部にできることも多い

女性の場合はそうでもありませんが、男性のなかには気がつく方が多いようです。

ほくろのようなものやイボのようなものが出来ていることにある日突然気がつくというケースが多いです。

 

基本的にはほとんどが良性なので、気にする必用はありませんが、皮膚科や泌尿器科系で診察してもらうことができます。

他の皮膚病の可能性もあるそうですので、気になる場合は診察してもらうと安心です。

脂漏性角化症の治療 治し方って?

治療方法は実に様々な方法がありますが、実際に治療するにあたってとても重要になってくるのは保険が適用になるのかどうか?ではないでしょうか。

 

当然、美容にはいくらでもお金をかけてもいいという方は別です。
最高の施術をされれば良いと思います。

ですが通常は保険適用で治療したいという方が大半かと思います。

 

基本的な知識として保険が使えるのはそれが「治療」である場合です。

つまり、日常生活のなかで、痛みやかゆみがあって困っているといった場合なら保険適用で治療を受けられるケースが多いのですが、単なる美容のためということになると、難しくなってきます。

 

皮膚科を受けるときなどは、たとえば爪が引っかかって痛い思いをしているだとか、スキンタッグにネックレスが引っかかって痛いなど、実際に不都合がある点を伝えたほうが良いと思われます。

 

スポンサードリンク

治療の方法について

主に治療方法は、外科的なアプローチとなります。

液体窒素
電気焼灼
炭酸ガスレーザー

といった手法をもちいて、患部を焼いたりして取り去るという方法です。

 

液体窒素を用いいた治療は手軽なためによく用いられるようですが、取り残す(焼き残し)ことが多いのでおすすめしないというクリニックもあります。

 

サイズや形状などにもよりますが、ハサミなどで切除する方法の方がかえって痛みも少なく確実との意見もあります。

 

いずれにせよ、小さいポツポツを放置してしまうと痛い思いしないと治せない状態になってしまいますので、気になり始めたらケアしていくのがおすすめです。

脂漏性角化症の薬ってないの?

いくつか薬として用いられているものがありますが、古くからよく知られているのはハトムギなどの含まれるヨクイニンが代表でしょう。

漢方薬でもありますから、探してみるとよいかもしれません。

 

有り難いのは、漢方だと身体の内側からのアプローチですので痛みを感じることがないことですね。

ただ、やはりすぐにイボがキレイになるというケースは稀ですので、気長につづける必用があります。

 

もう一つ老人性イボにいいと言われるのが杏仁オイルです。

こちらは外用で、皮膚の上から塗って使います。
手軽に使えることから、人気が高く愛用者も多いです。

杏仁豆腐のあんにんと同じ材料から作られるオイルで、アプリコットオイルとも呼ばれます。

 

あんずの種から抽出したオイルで、リノール酸やステアリン酸
オレイン酸、パルミチン酸、バルミトレイン酸などの成分が含まれ
抗酸化、炎症抑制、血行促進なども目指せるため韓国あたりでは、高級美容オイルとして珍重されています。

注意点としては、そのまま使うとすこし強すぎる場合があることです。
オイル単体ではなく、他の美容成分が配合されたバランスの良いものを選ぶのもひとつのポイントとなります。

 

使用者の口コミでも首のぽつぽつがキレイになった、イボがとれたという声が多数ありますので、試してみる価値はあるでしょう。

配合バランスも良くおすすめなのは、980円でお試しができるアンミオイル

 

または、より美容成分がかなり充実した

アンズ+ハトムギにさらにプラセンタやアスタキサンチンなども配合された美容&ぽつぽつケアが同時にできるオールインワンジェルの艶つや習慣がおすすめです。

わざわざ気になった時につけるという方法ですと忘れてしまいますし、予防的な日々のお手入れが自然とできてしまうオールインワンジェルは非常に使い勝手がよいです。

先日も、イボに悩みはじめた知人が艶々習慣を使い始めたところ、『首筋にあったイボがほんとにぽろっと取れた!』と喜んでましたよ!

 

まとめ

シミをそのまま放置しておくと年齢を重ねた時に老人性イボになる。
イボといってもウイルス性のものではないので伝染ることはない。
陰部にもできることがある。
施術方法はいろいろあるが、多少痛みを伴うことは避けられない。
まだ若いころからキチンと肌ケアしてあげれば、イボに悩まずに済む。
また、小さいイボであればケアコスメで綺麗な肌を目指すことも十分可能。

20160121追加