除湿機の仕組みって、一つじゃないんですよね。
除湿方式と使う環境によって、洗濯物が早く乾いたり乾かなったりしますし
パワフルな機種の場合は、今度は消費電力が多かったりで、電気代も高くつきそうで気になるところです。

ここでは洗濯物を乾燥させる目的に絞ってどの除湿機がいいのか?についてまとめました。

スポンサードリンク

除湿機で洗濯物を乾燥させるなら、おすすめタイプはこれ!

除湿機の仕組みとして除湿方式は主に2つがあります。

エアコンとおなじでコンプレッサーを使うタイプ【コンプレサー式】と
ゼオライト+ヒーターで湿気を集めるタイプ【デシカント式】の2種類です。

除湿機選びでここは避けて通れない知識なので、面倒でもサッと目を通しておきましょう。

コンプレッサー式の特徴

重い
室温が低いと除湿できない
消費電力はデシカントより少ない
音が大きい
室温上昇は少なめ

この特徴はエアコンを想像してもらえればすぐわかります。
基本的なメカニズムはおなじですから(笑)

ただ、室外機があるわけではなく、除湿機の場合は室外機も本体に組み込まれていると考えてください。

だから「重い」+「音がうるさい」

夏場エアコン使うと結露して水が吹き出し口あたりから垂れることありますよね?
暖かくて湿った空気が冷やされて結露するからですが、除湿機もおなじ仕組みです。

湿った温かい空気⇒冷やす⇒結露する⇒その水分を回収する

つまり、室温が低いと空気中の水分を回収できないのがコンプレッサー除湿機の最大の弱点なんです。
冬場の除湿には向かないというわけですね。

デシカント式の特徴(コンプレサー式との比較として)

軽い
室温が低い冬場でも除湿できる
消費電力はコンプレッサー式より多い
音は静か
室温はけっこう上昇する

デシカント式の除湿の仕組みは、押入れの湿気取りBOXのように
ゼオライトを用いて湿気を吸着して回収する方法なので、
重くてうるさいコンプレッサーは必要ありません。

結露させて回収するわけではないので、部屋の温度が低い冬でもしっかり働いてくれます。

ただし、吸着した水分を回収するためにヒーターが必要となるため
お部屋の温度が2度~8度程度上がります。

乾燥剤で水分を集める⇒ヒーターで熱して水分を取り出す⇒その水分を回収する

ということで、デシカント式の弱点は、室温が上がってしまうことです。
つまり夏場はつかいずらいってことです。

どっちがおすすめなの?

ここまで読んだら、多分もうおわかりではないでしょうか?

洗濯物を乾かすという用途であれば、気温が低くても乾きやすいデシカント式が個人的におすすめです。

風の吹き出し温度が室温よりも3度から8度程度たかいということは、逆に言うと洗濯物が乾燥しやすいタイプだと言えます。

スポンサードリンク

ハイブリット式って何?

ハイブリットタイプはどちらの仕組みも1つの本体に組み込んだタイプの除湿機です。
部屋の気温によらず除湿してくれるオールマイティーなタイプと言えます。
ただし、2つの仕組みを内蔵しているわけですから、その分本体の金額は高くなります。
性能はよくてもけっこう重いという点も購入前に考慮しておく必要があります。

ちなみに、ハイブリッドタイプを採用しているのはパナソニックのみとなります。

【パナソニック】ハイブリッド式除湿機一覧(最安値順)

洗濯物を早く乾かす除湿機はこれ!

早く乾かすことができると口コミでも人気の機種っていったいどれなんでしょう?

 

ハズレ無しで、夏場もストレスなく使えるにはパナソニックのハイブリット式ではあるのですが、やはり本体が高いのと、重いのがネックになってきます。

 

軽くて、一年中除湿能力が期待できるのはやはりデシカント式ですが
このデシカント式とはすこし異なるコンデンス式という除湿機があります。

これが非常に人気の高い機種なんです。

論より証拠で、購入者のレビューを読んでみてください。

 

特に便利なのが、押入れや靴を乾かしたいときなどに別売りアタッチメントをつけることで除湿機というよりも、乾燥機としてスポット的に使えるという点です。

 

一箇所に置いて使うというよりも、軽いので持ち運んであちこち乾燥して回ることもできる道具的な使い方ができるため、非常に用途が広がる除湿機です。

 

世界中で特許も取得しているというのも魅力ですね。

 

外の大手メーカーは真似したくても真似できないタイプの除湿機ですから、大手メーカーと一緒に、このコンデンス式も検討に加えることをおすすめします。

洗濯物を除湿機で乾かすのに電気代が心配・・

あちこちのサイトの説明を読むと、コンプレッサー式は電気代が安くて
デシカント式はヒーターが入ってるから電気代が高い!

って説明している人が大半の印象をうけますが、これには非常に大切な視点がかけてるので注意してくださいね。

 

実は多くが「消費電力」を見て判断しているんです。

おなじ長さの時間を運転したときにかかる電気代を比較しちゃってますww

現実には 乾くまでの時間が違ってくるので、この比較は全く意味がありません。

 

デシカント式はヒーターが入っているので電気代が高いと言われてますが、
その分早く乾くため、単純に消費電力でくらべても意味がないわけです。

・デシカント式は通常気温で10円/時間
冬場の気温が低い環境で17円/時間
・コンプレッサー式はヒーターが無いので電気代は5円/時間前後
※気温が低いところでは除湿できない

具体的にはこんな感じの電気代が目安なのですが
デシカント式は除湿能力が2倍から3倍あるので、乾きがはやいです。

つまり、かかる電気代は乾燥するまでで考えるとそれほど大きな差はないと言えるでしょう。

早く乾燥させたいのなら、やはりデシカント式がおすすめです。

デシカント式なのに電気代が4.9円/1時間のおすすめ機種もありますよ
>>>カンキョー 直噴除湿乾燥機コンデンスELD

スポンサードリンク