結婚式にウェルカムボードは必要でしょうか?新生活のためには式にかかる費用を抑えたいとい思いから「いらない」とする方も多いようです。
ウェルカムボードの意味とその後どうしたらよいのか?についてもおすすめのアイデアを紹介します。

スポンサードリンク

結婚式にウェルカムボードは必要?いらない?

ウェルカムボードは必要か?

結婚式にウェルカムボードは必需品というのが従来の一般的な意見だったように思います。

 

ですが、最近では地味婚、不況などの影響もあるのでしょう。
できるだけ予算をカットして式を挙げたいというニーズが増えていることでウェルカムボードは必要ないとするカップルも増えてきています。

 

あなたが最近参加した友人の結婚式ではいかがでしたか?

ウェルカムボードは飾って有りましたでしょうか?

 

絶対置かないといけないわけではありませんが、考え方によってはやはりウェルカムボードはあったほうが良いかもしれませんよ。

そもそも、ウェルカムボードの意味って何なんでしょうか?

結婚式にウェルカムボードを置く意味って?

結婚式というより、厳密には披露宴の受付または入り口にウェルカムボードを飾るのが普通ですが、そもそもどんな意味があって置くのかご存知ですか?

 

諸説あるのかもしれませんが、ブライダル業界経験のある私の考えをお話しますね。

 

結婚式は、ちょっと忘れそうになりますが二人のために行うというよりは、招待客をもてなしたり、感謝を伝えたりというイベントだという考え方があります。

 

もちろん、二人の為でもありますが、自分たちが主役!とばかりに、ゲストへの配慮が足りなければ、ひとりよがり(ふたりよがり?)なものとなりますし、ゲストに失礼なお式となってしまいますよね。

 

そして、ゲストを迎えてもてなしをするのは、本来は結婚する本人達なのです。

 

ところが・・・

 

結婚式や披露宴では、二人はいろいろ忙しくしていますから、来客時のお出迎えもできませんし、遠方から泊まりがけで駆けつけてくれるゲストに労いの言葉ひとつかけることができません。

 

本来そこにいて、もてなすべき二人に代わってお客様をもてなすものがウェルカムボードの意味なのです。

 

二人の為に作るという考え方であれば、「いらない」となるのは当然でしょうけれど、いまお話したようなスタンスで考えると、やはりなければならない物という考え方もあるわけです。

 

とは言え、作る事にしたとして、お式や披露宴が終わった後の事を考えると、その日だけの為にお金をかけるのはもったいないかな?とも思うでしょう。

 

そこで100円ショップで材料を買って・・・というアイデアがいろいろと出ているようで、実際に作り方を掲載しているサイトも沢山あるようです。

 

ただ、やはり「そんな安っぽすぎる物でいいんですか?」
と聞きたくなってしまいます。

ただ作ればいい・・・・程度なら作らないほうがいい

と私は考えてしまいます。

 

そこで、ひとつおすすめなのが
式でつかった後にも使い道のあるタイプのウェルカムボードを作るという選択肢です。

 

100均流用の安物は失礼だけど、たった1日のために無駄にお金を掛けたくないなら、後できちんと使い道のあるものをつくればいいのでは?という提案です。

これなら保管、保存しておくという悩みもありません。

次章でご説明しますね。

スポンサードリンク

結婚式後ウェルカムボードの保存に困らないタイプ

挙式後に思い出にとウェルカムボードを保管しておくことを考えると、なかなか大きなものにはできなかったり、パーツが取れたり壊れたりし易いものは保管に困ります。

 

似顔絵なども、新居に飾ることはできますが、逆に言うと“飾って眺める以外の用途がない”のです。

 

ですから、保管するという考え方よりも、使うという考え方のほうが良いと思います。

その辺りを考えに含めた上でわたしがおすすめするのは、鏡を使ったミラータイプのウェルカムボードです。

ミラーに名前や日付を彫刻をしたタイプのウェルカムボードですと、新居に飾ると共に鏡としても使えて意外に便利です。

 

家には、洗面台くらいしか鏡がない家庭も多いと思います。

 

特に新居といえば、まずは賃貸のマンションやアパートで新生活をスタートするという方が多いでしょうからなおさらです。

洗面台意外には手鏡くらいしかもっていない方も多いはず。

 

鏡が欲しいからといって、姿見を玄関に設置するなんてことも現実問題、スペースや壁に傷がつくことから難しいものです。

 

そこで、ミラーのウェルカムボードをフックにかけて飾っておくと、意外にちょっとしたときに使えて便利だと実感できます。

 

フックは、石膏ボード専用の3本の細釘を使うタイプで十分です。

これだと殆ど壁に傷が目立たないですから、どこでも好きな所にかけることができます。

 

又、全体に柄が入っているデザインであっても、鏡として使う時には意外に邪魔になりません。

 

我が家の玄関にも実はずっと(もう10年かな?)飾ってありますが、出かける時にちょっと見るといった使い方ができて未だに便利に使っていますよ。

まとめ

ウェルカムボードは二人の代わりにゲストを迎えてくれるアイテムです。

遠方から来られた方の労をねぎらい、ようこそお越しいただきましたの気持ちを伝えるためのものです。

100円ショップの組み合わせではやはり役不足でしょう。

 

式当日のみのためにお金を使うのは気が引けますが、新居に飾って、さらに実用性があるミラータイプがおすすめです。

保管したり保存しておく必要もなく、日常生活でも役に立つ思い出の品として活躍してくれます。

また、ガラス(鏡)ですから色あせたり風化したりする心配もないので、いつまでも使えます。

スポンサードリンク