子供が偏食だと心配ですよね。
偏食の理由には何があるのでしょうか?
また偏食をつづけた場合、深刻な影響が出てくることがあります。
子供の偏食の理由とその影響、対策について解説します。

スポンサードリンク

子供が偏食の理由

子供の偏食対策
子どもの偏食とは、ある程度の好き嫌いのことだと思われる方が多いと思いますが、本来の意味は、野菜や魚といった特定の食品が食べられないことをさして『偏食』といいます。

食品の選択が極端に狭くなってしまいますと栄養面での偏りがかなり心配です。

子供が偏食する理由には何があるのでしょうか?

はじめて食べたときにおいしくなかった

はじめて食べたときにおいしくなかったので、それ以後嫌いになってしまった…という場合。

 

もともと、苦みのあるものは生物的に毒を連想させるので嫌いになる傾向があります。

また、酸味のあるものは腐敗している味を連想させるので嫌いになる傾向があります。

 

それでも、大人は苦いものも酸味のあるものもおいしい、と食べますね。

それはある程度学習しているからなのです。

好き・嫌いは脳の「偏桃体」というところで決定されます。
そこである程度学習して好き嫌いを判別するようになります。

 

たとえ、嫌いであっても大人が「おいしい、おいしい」と食べているのを見ると、「おいしいのかな?」という興味がわきます。

そこから「おいしいかも?」と思いはじめ、おいしいと思うようになります。

 

子供は大人のおいしいと食べる姿を繰り返し見ることにより、偏食が改善されていきます。

家族一緒に楽しく食べることに、偏食、好き嫌いを改善する効果があるんです。

環境が原因となっている場合

大人が一緒においしいと食べることで偏食・好き嫌いが改善されるとお話しましたが、当然その逆もあります。

 

主に環境原因としては、この身近な家族の偏食があげられます。

親が偏食をしていて色々なものを食べない・・おやつばかり食べていた…というきちんとした食生活ができていない場合です。

医学的な理由

アレルギー体質・体調不良・味覚に対して過敏な体質であることなどが理由としてあげられます。

 

私の長男のケースですが、味覚に対して過敏な体質であると考えています。
小さなころから過敏です。

麺類やごはん、パンなどの炭水化物は食べるものの、
2歳までは肉野菜類を食べませんでした。

 

このころはいろんなこだわりが強く、食べ物にたいしても同様でした。

スープも具がないものは良いですが、具が入っていると食べません。
野菜はフードプロセッサーでかなり細かくしないと食べられません。

一口食べてみて、「うえ」となることも多く、呑み込めないのです。

 

次男はある程度なんでも食べることから、個性かなと思われます。

長男はどうやら苦みや風味などは強く感じすぎ、塩味・甘味は感じにくいようです。
ほかの子よりもアンバランスなのかな?と思います。

どうしてもいろいろなものが食べられず、給食がほとんど口にできません。

 

私自身も子ども時代には偏食気味だったらしく、小学校に行くまでは「ふりかけで育った」子供だったそうです。

自覚はある程度ありますが、野菜も単品だったら食べられていたのですが、数種類一緒だと無理でした。

炒め物や丼ものなどですね。

 

ずっと鼻炎を患っていたため、風味が感じられなかったことも理由かなと思います。
何を食べてもきちんとした味がしなくておいしくなかった記憶があります。

子供の偏食の影響

子供の偏食の影響は、栄養の偏りとなって現れます。

ご存知のとおり、子供の成長や発育にビタミンやミネラルは必要不可欠ですから偏食は心と身体の発育に直接影響してしまいます。

 

ただし、たとえある食品が食べられなくても、栄養的に代わりとなる食品が食べられれば問題はありません。

スポンサードリンク

魚が食べられなくても、肉や卵、大豆製品が食べられれば大丈夫なように。

食品は6つの基礎食品群に分類されます。

第1群:魚・肉・卵・大豆…骨や筋肉を作る
第2群:牛乳・乳製品・海藻・小魚…骨や歯を作る
第3群:緑黄色野菜…皮膚や粘膜を保護する
第4群:単色野菜・果物…体の各機能を調節する
第5群:米・パン・イモ類…糖質性エネルギーとなる
第6群:油脂・脂肪の多い食品…脂肪性エネルギー源となる

この6つの食品群をバランスよくとりこまないと、生活習慣病になる可能性が出てきます。

 

また、お菓子やインスタント食品・ジュースなどを多く摂取し、野菜や海藻類が不足すると低血糖になりやすくなります。

攻撃性が強く心が不安定な子供が多くなるといわれます。

 

また、感染症に対する抵抗力もさがります。
アトピーや花粉症等の異常反応も出やすくなります。
頭痛や便秘、肌荒れとして影響することもあります。

子供の偏食対策

私自身は20歳くらいには大抵のものが食べられるようになっていました。
いろんな味の風味が感じられるようになり、「おいしい!」と思うものが急激に増えました。

そんな時期まで誰もが待てるものではありません。
今できる対策から、長い目で見る対策までまとめました。

一緒に野菜を育てる・料理をする

一緒に野菜を育てることは、興味が出ることにつながります。

私の次男は「幼稚園で育てたミニトマトだけ食べられる」と最初は言いました。
とって食べることが楽しかったのでしょうね。

 

そこから、いつでもミニトマトは食べられるようになりました。

長男と次男とはハンバーグや餃子を一緒によくつくります。
ホットケーキやピザもつくります。

料理をすることは食べることと同じですから。

 

長男がきゅうりを収穫してその場で食べることができたときはうれしかったですよ。

食事で楽しくほめる

「ん、これおいしーい!」と誰かがいうと、「ほんと??」と思って食べたくなりますよね。

子供が食べたいと言ったら苦手かな?と思うものも、ちょっとだけ食べさせてみるといいです。
もしかして食べれるかもしれないし、食べられないかもしれない。

 

でもチャレンジした価値はあるんです。
大人でもずっと食べられないものもありますから、あまり無理やりはせずに。

 

私は子供のときから食べられなくても色々なものが食卓に並びましたし、一口だけ食べること、というルールもありました。

緑黄色野菜は「目が良くなるから食べて」
お肉は「大きくなれるよ」
野菜は「お肌がきれいになるよ」
果物は「ビタミンCだよ。元気になるよ」

私には効果があったかもしれませんね。いろいろ食べられるようになりましたから。

同じように息子たちにも続けているのですが、長男はまだ偏食気味です。

でも2歳から比べてだいぶチャレンジしてくれるようになりました。

幼稚園や学校でほめられる

お家ではほめているのに…と思われるかもしれませんが、
家族以外からほめられる事にはまた違う効果があるのです。

 

先生や他の大人からほめられることで、さらにやる気が出てきます。
お友達と話すことで変わることもあります。

 

幼稚園児の次男は「○○くん、お野菜なんでも食べるんだよ。すごいんだよ。お弁当にお野菜いれて」っていいます。

幼稚園児でも、好き嫌いがないのはすごいことだっていう意識があるんですよね。

サプリメントなどで補充

今すぐに改善しないだろう偏食対策にはサプリメントを利用するなど
補助栄養食を工夫することが大切です。

 

野菜嫌いの長男には青汁を飲ませています。

青汁と冷凍バナナ、豆乳(もしくは牛乳)はちみつをいれてミキサーでふわふわにします。

これだと飲むんですよね…。便秘対策にもいいです。

 

それと、気休めだとは思いますが、野菜ジュースですね。

昔ながらに肝油もおすすめです。
最近の肝油はおいしいので食べてくれます。

免疫力対策に、乳酸菌もいいですよ。
ヨーグルト・みそなどを積極的にとります。

まとめ

偏食は長くつきあっていくことが大切です。
長い目で見て、楽しい食卓とほめることをこころがけるといいですね。
成長して大人になったときに違いがでてきます。

スポンサードリンク