那須野が原公園 オートキャンプ場
キャンプに行こう!と決めた時に、どこに行くかは重要なポイント。

小さい子を連れてのお出かけならなおさらですよね。

行くだけで疲れて肝心のキャンプが楽しめない
なんてことの無いようにするために
長距離の車移動も山道もできるだけ避けたところです。

 

そこで選んだのが、那須野が原公園オートキャンプ場。

およそ都心から2時間ほどで行ける距離ですし、最寄りの西那須野塩原インターからの距離も、見えるほど近い場所にあります。

子連れでのキャンプ場での体験や、公園での過ごし方を紹介します!

スポンサードリンク

那須野が原公園内のオートキャンプ場は温泉も楽しめる

ここのキャンプ場は、那須野が原公園内にあるものの駐車場が違います。

公園自体が広いので、キャンプ場から公園の広場やプールへは車移動になります。
迷子かも?と思うくらいですよ。

まず、公園に併設しているオートキャンプ場の紹介を少し。

テーブルと椅子が固定式なのが少し不便

我が家がここのキャンプ場に初めて行ったのは、下の子がまだ歩けない時。

 

電源サイトにしたのですが、一番驚いたのは、各サイトに固定のテーブルと椅子がついていたこと。

車を置いて、テント張ったらちょっと狭くなっちゃいました。
固定式なので移動できないのが、難点です。

サイトごとにおいてある場所が違うのですが、テーブルとイスの場所が決まっていると、必然的にテントのレイアウトが決まってしまいます。

 

しかも、3歳の子がストライダーで楽しく一周できるほど、こじんまりしています。

平日に行ったせいかほどんど人がいなかったので、とてもよかったですよ。

ただ、混雑時はどうかな?と考えてしまう密集さです。

トイレの清潔度

トイレは、まあまあ綺麗でした。

キャンプサイトの中には一つしかトイレの場所がありません。

受付から近いサイトなら、受付のところにあるトイレを使ったほうがいいかもしれません。

こじんまりしたキャンプサイトで温泉でのんびり

お風呂は、とってもよかったですよ!

無料で利用ができて、しかも温泉です!
脱衣所も広くて、日帰り温泉に来たかのよう。

 

シャンプーとかはないけど、体洗ってすっきりして寝ることができます。

キャンプにきて、温泉に入れるなんで贅沢ですよね。
各サイトからも近いので、時間の許す限り何度も入れちゃいますよ。

那須野が原公園のプールの口コミ|こども用プールが充実

那須野が原には、大きいプールがあります。

9時からオープンしていますが、10時ころ行くと
すでに多くの車がいて、駐車場は混雑していました。

プールを満喫するためのコツをいくつかご紹介します。

持ち物

ベビーカー

もしも赤ちゃん連れならベビーカーの持ち込みを是非おすすめします!

ベビーカーがない場合は、少し歩くので、自力であまり歩けない子だと抱っこしなければいけません。

 

それにプールの荷物ってけっこう重いですよね。
しかも帰りになれば、水着にタオルは水を含んで重くなります。

そのうえ、体力も減ってヘトヘトなタイミングでの抱っこは結構こたえます。

スポンサードリンク

レジャーシートとサンダル

プールサイドでは、レジャーシートが必須です。

木陰はありますが、テントがあったほうが場所を選ばずにスペースを確保できます。

中には、簡易椅子やテーブルを持ってきている人も。

 

そして、サンダルは着脱しやすいものを!

プールサイドが暑くて裸足では歩けません。
さっと履いたり脱いだりできるものがいいでしょう。

水温が結構低い

ここのファミリープールは、こどもプールが充実しているのが魅力です。

浅いプールには噴水のようにジャージャーと水が流れていて子供たちはきっと興奮してくれる!と期待していったのに、まさかの水が冷たすぎて入っていられない!

 

子どもは入りたそうにうずうずしているのに、
親が寒くて入っていられませんでした。

真夏に行ったのに、やっぱり那須ですね。

気温も涼しめ、水温低め。
想定外でした。

せっかくだから遊ばせてやりたかったけど、私が無理でした。
でも、中には、冷たい水に負けずに遊んでいるつわものもいましたよ。

 

そこで、流れるプールに移動してみると、人が多いおかげか暖かい!
こちらはかなり楽しめました。

 

子どもたちが、浮き輪だけでは飽きてきたようなので、ボートを一時間レンタルして、流れるプールの中でぷかぷかしていました。

揺れるボートに子供たちは、大はしゃぎしてくれました。

身長があれば、スライダーもできてもっと遊べるんじゃないかなと思います。

未就学児なら那須野が原公園わんぱく広場、小学生以上ならアスレチック

那須野が原公園には、無料遊具のあるわんぱく広場があります。

無料ですが、結構大きい遊具なので未就学児なら十分遊べます。

 

特にすべり台は大きくて、結構迫力がありますよ。

子どもの後にくっついて私も滑りましたが、ちょっと怖かったくらいです。

でも、このすべり台、
日差しが強い日は予想以上にすごく暑くなりますから、気を付けてくださいね。

 

他にも、フクロウの砦というロープでできた大きなジャングルジムのようなものがあります。
これは、難しくて、3歳の子にはできませんでした。

ただ、2016年6月30日までは、フクロウの砦とタワーすべり台が改修工事のため
利用できないようです。
どんな風に変わるのか、新しい遊具に期待したいですね。

 

あと、ロープマウンテンという大きなアスレチックにネットが張ってあって、
体を思いっきり動かせるものもあります。

 

那須野が原公園わんぱく広場の遊具はどれも無料ですが侮れません。

広い敷地に大きな遊具。
なかなかあるものではないので、公園遊びとしては充実した時間を過ごせるはずです。

ただ、小学生以上の子には物足りないかもしれませんね。

 

そんな子には、有料にはなっちゃいますが、
フィールドアスレチックで体のバランス力や体力をつけちゃいましょう!

大人がやったら筋肉痛になりますよ!
日常では体験できない冒険を、ここではすることができます。

 

わたしが行った時は、子供たちがまだ小さいので一緒にはできませんでしたが、アスレチックが道路からもよく見えました。

小学生に上がったら絶対連れて行ってあげたい場所です。

まとめ

那須野が原公園は、都心からそんなに遠くないですし、
キャンプもできて公園もプールもあります。

夏に行くと、遊ぶ場所に困りません!

しかも、那須なので、朝晩が涼しくとても気持ちがいいです。

広い公園なので、それぞれの遊ぶ場所には車移動が必要ですが、
とても楽しい時間を過ごせますよ。

スポンサードリンク