赤ちゃんにキスで虫歯がうつる

赤ちゃんに虫歯がうつるという話を聞いたことがありますか?

単なるうわさ?はたまた都市伝説なのか?
自分の子供が生まれるまでは、そんなこと気にしたこともありませんでしたが、いざ我が子がうまれたら、これはかなりの大問題だと気が付きました。

実際のところ虫歯はうつるんでしょうか?

また、赤ちゃんでもできる、虫歯にならない予防法ってどんな対策があるんでしょうか?

実は調べていて、いままでにない方法も見つけたのでご紹介します。


赤ちゃんに虫歯がうつるって本当?

赤ちゃんに虫歯がうつるから注意が必要って話を聞いたことがあると思います。

最初はそんなことあるの?なんて思っていましたが、これが本当なんです。

 

虫歯ってミュータンス菌というものが歯を蝕んでできてしまうんですが、
このミュータンス菌のことを一般に「虫歯菌」と呼んでいます。

 

赤ちゃんは生まれた時点では口内環境にこの虫歯菌はいません。
それどころか、産道を通る前は無菌状態なんですね。

 

それが出産と同時に菌がつきはじめます。
そして、この虫歯菌は多くの場合、母親から感染することになります。

虫歯はキスでもうつる!でも赤ちゃんとチューしたいよね

虫歯菌は残念ながら、赤ちゃんとのキスやスプーンや箸など口に入れるものを一緒につかったりすると移ってしまします。

それはわかっていても、やっぱり赤ちゃんとチューしたいですよね?

少し大きくなったら、もうキスなんて頼んでもしてくれなくなっちゃいますし。。

 

そこで思ったのが、歯が生えるまえでもチューしたらダメなの?って疑問です。

だって、虫歯になるものがないんだから、大丈夫じゃないの?って

でも、もしかしたら口の中に一度ミュータンス菌が入ってしまったら、歯が生えてなくても菌が住み着いてしまうからまずいのかしら?

 

いろいろ調べてみたら、わかりましたよ!

実は、虫歯菌って歯の表面にしか住み着けないんです!

つまり、歯がなければ、口のなかにミュータンス菌が入っても
しばらくすると住み着けずに消えてしまうのだそうです。

 

だから、赤ちゃんに虫歯がうつるのはいつからかと言えば歯が生え始めた時からということになります。

 

いずれ歯は生えてきますから油断はできませんが、歯が生え始める前だったらあまり気にせずキスしても大丈夫ってことになりますね♪

虫歯に赤ちゃんがならないよう予防する方法は?

虫歯予防のための対策は、実はあんまり選択肢がありません。

 

歯が顔をだしはじめたら、とにかく虫歯菌がうるらないように箸やスプーンを別にするとかキスはほっぺくらいで我慢するなど、気をつけることはできますが、

フーフーしたりしたら、気付かずに唾液が食べ物にかかって赤ちゃんの口に入ることだって当然あるでしょう。

 

では、虫歯が入ってしまった場合にできる対策、虫歯予防にはどんなものがあるでしょうか?

これは基本的には大人と同じ対処法になってきます。
つまり、ブラッシングやフッ素塗布ということになってきます。

 

歯医者さんでは、歯が4本づつ上と下に生えたころにフッ素を塗ってもらえますが
市販の赤ちゃん向け商品でフッ素いりのものが販売されているので、生え始めからそれらを使うのも一つの方法かと思います。

 

ですが・・・フッ素塗布してもらっても虫歯になる子っておおいですよね^^;

 

それに、WHOでは6歳未満の子供へのフッ素使用はあまり勧めていないからできれば使いたくないっていう、フッ素にくわしい親御さんもなかにはいるはずです。

 

なので何か他にないかと探していたところ、もう一つ選択肢があることを知りました。

 

これがなかなか画期的なもので、虫歯菌除去成分が配合された歯磨き粉というものがあるんです。

 

赤ちゃんにも安心して使えていいなと思ったのは、使った後で口をゆすぐ必要がないところ。

まだうがいができない乳幼児でも安心して使えるので、非常に都合がいいんですね。

 

歯の生え始めたころでも、指にガーゼを巻いてかるくみがいてあげれば虫歯菌を取り除いてくれます。

くわしい解説>>もう虫歯菌がお口に入っても大丈夫!

まとめ

虫歯菌がキスやスプーンを通して赤ちゃんの口の中に住み着くことで、虫歯はうつります。
歯がないと虫歯菌=ミュータンス菌は住みつけません。
虫歯菌対策や虫歯予防としては、ブラッシング、フッ素塗布の他に最近では虫歯菌除去歯磨き粉が販売されています。
うがいがまだできない乳幼児でも安心して使えるため人気の商品で、今後TVでもCMを始めるらしいです。
恐らくですが、テレビCMが始まると品薄で買えないという状況になると予想しています。