犬の歯石除去 麻酔は怖い
ワンちゃんの口臭が酷くなって初めて、歯石の危険性を知るかたも多いかもしれませんね。

たいしたことないだろう、自然に歯石はとれるだろうと思っていていても、これが取れずに歯肉炎になったりどんどん大きな塊になったりしてしまいます。

除去するには全身麻酔が必要と言われますし、リスクもあります。
ワンちゃんの命にも係る犬の歯石対策をお教えします。

犬の歯石とりは全身麻酔が高リスク

犬の歯石は、一般的にひどくなると自分で除去できないと言われています。

歯の根元のあたりにだけ着いている程度なら除去は容易ですが、これを放っておくと、歯石が何層にもかさなり、さらに歯石が大きくなると隣の歯についた歯石とつながってさらに大きくなってしまいます。

 

もし、ここまでになってしまっているなら、ちょっと覚悟が必要です。

万一、永久歯がぐらつくまでに悪化していれば、抜歯される可能性が高いです。

ぐらついていないのであれば、獣医さんで除去してもらうことになるのですが、全身麻酔をかけて除去するというのが一般的な方法となります。

 

これは何もそこまで酷い状態でなくとも、多くの獣医さんは全身麻酔をつかった施術をしているようです。

 

相手は犬ですから、どんなに「おとなしく」と言ってもムリでしょうし、獣医さんからすれば、噛まれるリスクまで負えないというのが本音ではないでしょうか?

 

麻酔をしないでとってくれるところもありますが、上顎の歯、それも表にでている部分だけをスケーラーで削るといった程度しかできません。

★スケーラーによる無麻酔歯石除去のやり方


 

ですから、全部の歯を裏側までとなると、どうしても全身麻酔が必要になってきます。
ただ、この全身麻酔、人間とちがって亡くなるリスクがどうやら高いようです。

健康でもリスクはあるのですが、肝臓、腎臓の機能が弱っていたりすると麻酔のリスクはさらに高まります。

 

若い子でも麻酔死が起こることがあるので、できれば全身麻酔のリスクはおかしたくないというのが飼い主全員の思いですよね。

犬の歯石ケアをしたくても嫌がって暴れる

スケーラーで掻き取る方法や、クリーナーで歯磨きをしたりしようとしても、嫌がるワンちゃんは多いです。

おとなしくしていて、良い子だね なんて言っていたら、いきなり怒り出すワンちゃんも多いのではないでしょうか?

 

これでは自宅でなんとか歯石を除去しようとおもっても、現実問題ムリだとあきらめてしまいがち。

 

でも、どんなに暴れて嫌がる犬でも、自宅で自分でできる方法がありますから、あきらめないでくださいね

歯石がとれるまでは時間はかかりますが、全身麻酔の選択肢を選ぶまえに、試してみるべき歯石対策があります。



スポンサードリンク

犬の歯石除去を自分で自宅でする方法

昔から、犬の歯の健康のために、豚のカチカチの皮みたいなおやつがいいと宣伝されていましたが、どうやら有効なようです。

 

トリマーさんに伺った話だと、硬いおもちゃやおやつを噛むことで、歯についた汚れがとれるだけではなく、顎や歯茎が強くなる、ストレス発散にもなるため、普段から硬いおもちゃやおやつは与えたほうが良いとのこと。

 

ただし、これでも歯石になってしまったものは取れませんね。
どちらかというと、歯垢を除去することで、歯石にならないようにする予防効果しか期待できません。

 

しかも、一説によると歯垢から歯石になるのには48時間たらずしか時間がかからないとも言われています。

 

出来てしまった歯石を取るためにお勧めなのは安全性の高い液体タイプのケアアイテムです。

飲水に混ぜて与え続けることで効果を発揮するものや、スプレータイプのものなどが販売されています。

 

ほんとに取れるの?
と私も最初は疑っていたのですが、これが調べてみるとホントに歯石が取れた!という報告が随分と沢山あることがわかりました。

スプレータイプの歯石除去アイテム

スプレータイプは毎日朝晩といった使い方です。
こちらのブログでも報告されていますが、効果ありますね。

 

●麻酔を掛けずに犬の歯石が取れる! : ごーるでん☆たいむ
http://bobutoronn.blog11.fc2.com/blog-entry-856.html

 

歯石除去できるスプレータイプはこれ!

※リンク先で沢山の一般口コミを確認できます
LEBA3 (リーバスリー)
KPS ミントプラス マウスクリーナー

水に混ぜるだけでOKマウスクリーナー

飲水に混ぜたり、直接塗ってあげたりもできるので便利なタイプはKPSマウスクリーナーという商品です。


ペットショップのトリマーさんからの効果報告

●簡単にご自身で犬の歯石・歯垢がとれます! | 犬 為になる情報|岡山県倉敷市のペットショップ リーマとトリミング学校のブログ
http://ameblo.jp/dog-shop-channel-lee-m/entry-11879808443.html

 

●口臭でお悩みのわんちゃんに!かんたんなのに効果ありKPSマウスクリーナー|ペットプラザポニーのブログ
http://ameblo.jp/petplazapony/entry-11459975932.html

 

例えば下記の動画はマウスクリーナーを60日以上続けた時の動画ですが、ぽろっと取れてます


 

このマウスクリーナーは天然成分のみで作られたアメリカ製のものです。スプレータイプよりも使い勝手がよく、お値段もごらんの通りでかなりリーズナブルです。

全身麻酔の前に、コストも安いですし試して見る価値は十分ありますよね。
 

※リンク先で700件近いレビューが確認できます。

犬用のサプリメントについて

サプリメントもみかけますが、あちらは口臭や健康、歯石予防には多少貢献するでしょうが、できてしまった歯石に効くといったものはひとつも見つかりませんでした。

機能的にみても、おそらく歯石がとれるサプリというものは今後もまず出てこないと思います。

まとめ

口臭や歯肉炎でワンちゃが苦しまないように、本当は歯石がびっしり付く前の子犬の時から歯磨きになれてもらって、歯垢・歯石がつかないようにするのがベストです。

 

ですが、着いてしまった時には、命のリスクがある全身麻酔をするのか?苦しんでも麻酔事故よりは良いからとそのままにするのか?
という選択しかないと思っている飼い主さんはまだまだ多いです。

特に、小型犬は体力もないので余計リスクも高いだろうと思われます。

 

ここで紹介した歯石除去グッズは安全性もたかく、口コミでも評価が高いものです。

いつまでも元気で長生きしてくれるように、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク