弘前ねぷた祭り

青森ねぶた祭りは有名ですが、ねぶた祭りは青森各地で行われているもので種類もたくさんで様々あるんです。
その中でも有名なのが、青森ねぶた祭り・弘前ねぷたまつり・五所川原たちねぷたの三大ねぶたと呼ばれるもの。
このねぶたについて、それぞれの違いと魅力をまとめてみました。

スポンサードリンク

 

ねぶた祭りには種類がある!

ねぶた祭りで有名なのは青森ねぶたですが、実はいくつもの種類があるんです。
ねぶた、ねぷたというのは、語源が「眠たい」という意味の津軽弁「ねぶたい」「ねぷたい」からきています。

 

夏は農作業でもあまりすることがなく、眠たくなる…だからその眠気を払うために祭りをしよう!というのが元々なのだそう。
そういう眠気払いのお祭りは、青森のみならず秋田などにもみられるお祭りで広く行われていたようです。

 

「ねぶた」「ねぷた」という名前だけでなく、そのねぶたの形や掛け声にも地域によって違いがあります。
そのねぶたの中でも三大ねぶたといわれるのは、青森ねぶた・弘前ねぷた・五所川原たちねぶたの三種類で、それぞれについて紹介しますね。

青森ねぶた祭りとは?

全国的にも有名な青森ねぶたは、形状は横長の立体で高さ5m・幅9m・奥行7m・重さ4tにもなる巨大な山車がメインですよね。
山車は、歴史上の題材をもとに絵師がデザインし、それを針金の骨組みに和紙を張り、彩色していったものです。

 

その青森ねぶたの山車に昔は火を入れていたのですが、現在はLEDを入れて灯篭のように内側から光らせています。
数十人の引き手により、市内の決まったコース(一部片側3車線の国道)を二十数台の大型ねぶたが練り歩きます。

 

山車の後ろには、笛・鉦(かね)・太鼓による囃子が続き、その後ろに「ラッセラーラッセラー」という掛け声でハネトと呼ばれる衣装に鈴をつけた踊り手がいます。
ところどころには化け人(バケト)と呼ばれる、白づくめだったりコスプレだったりと様々な格好をした人がおり、祭りを盛り上げます。

 

もともとねぶたは、町内を練り歩くサイズの小さなものだったらしく、それが近年企業を巻き込んで大型化したのです。
町内を練り歩くという昔ながらのねぶたも青森市内で残っており、7月の下旬からあちらこちらで練り歩くねぶたの姿がありその囃子が聞こえます。

 

地元では、町内や小中学校で青森ねぶたを伝えていこうという活動が広く行われているんです。
企業に属するねぶたや囃子ももちろんあるのですが、地域のものになるとほとんどは好きで活動しているボランティアなんです。

 

毎年時期としては8月の2日~7日と決まっていて、最終日は午前の運航で夜は花火とともに海上運航となります。

 

その魅力は、立体の大きな山車の迫力はもちろん、囃子・ハネトにも勢いがあるところでしょうか。
ハネトは、もともと手拭いで口を覆い、花笠を深く被ることで誰だかわからないようにしたといいます。

 

身元がわからないようにすることで、身分関係なく祭りに参加するという精神の現れなんですね。無礼講、万歳って感じです。

 

やはり青森ねぶたの魅力は、「これぞお祭り騒ぎ!!」というくらいの騒ぎっぷりにありますね!
ぜひぜひ訪れた方には、一緒にお祭り騒ぎをしてもらいたいものです。

スポンサードリンク

弘前ねぷた祭りとは?

例えるなら青森が江戸で、弘前は上方といったところでしょうか?

弘前は、弘前城がある城下町として栄えたという歴史がある町で、扇型のねぷたは津軽藩・藩祖の幼名が扇丸だったことに由来しているそうです。

 

弘前ねぷた祭りは城下町ですからおよそ「上品」という言葉がよく似合いますね。

青森ねぶたは勢いがあり、ひたすらに叫んでいるようなイメージですが…弘前はゆっくりとねぶたを鑑賞できます。

 

弘前ねぷたの形状は、おうぎ型で小さいものから大きいものまであります。

大きくなると、10m弱になり電線にあたるので上部がパカッと折れるものあって、最初見たときはちょっとびっくりしました。

 

現在はだいぶ電線も地中化が進みましたから、あのパカッは見られないかもしれないですね。ちょっと残念。

 

掛け声は「ヤーヤドー」で、ゆっくりと進んでいきます。

扇の絵は江戸末期の浮世絵の影響が大きいのだとか…よって、『水滸伝』や『漢楚軍談』などが絵師のテキストになるんだそうです。

 

弘前ねぷたは、表だけでなく裏の「見送り絵」にも注目しましょう。

見送り絵は、表の勇猛さとは対照的な妖艶で優美な美女が描かれているのが通常です。

見送り絵は幽霊のこともあり、蒸し暑い夏に雰囲気を十分に醸し出してくれるくらい怖いです…。

 

囃子のメロディーが青森が長調なら、弘前は短調で物悲しさを感じさせます。うーん、風流ですね~!

弘前は8月1日~7日までで、1日~4日の土手町コースと5日~6日の駅前コースがあります。

 

土手町は弘前の昔ながらの中心街で坂道であるために、ねぷたは綺麗に見えるかと思います。

駅前コースは近年整備された広い道路の駅前周辺を利用するので、こちらも観光にはいい場所ですね!

五所川原たちねぷたとは?

立佞武多とも書かれるたちねぷたは、五所川原が1998年に約80年ぶりに復興させたねぷた祭りです。

 

本来ねぷたは20m近い高さがあるものだったのですが、電線や歩道橋などの制限によって青森ねぶたのように横に長くなったといわれます。

五所川原たちねぷたは、その昔の迫力あるねぷたを再現しようとして1998年に復興させた祭りです。

 

もちろん、電線や歩道橋は障害になるので、五所川原はそのためにコースの電線の地中化とそのほかに邪魔となるだろう信号などの整備を行いました。

 

この辺の整備まで進めてしまう大掛かりなところが、五所川原のたちねぷたにかける情熱を感じさせますよね!

大きなものなので、1年に1台ずつしか新作は作られませんが、立佞武多の館に数台保存されています。

 

特筆すべきは、その高さ!23mにもなるんです。重さは19tにもなり、この巨大なねぷたは遠くからでも巨人が歩いているように見えるものです。

まぁ、青森や五所川原にはあまり高い建物もありませんので…遠くからでも目立つんですけどね。

巨大なねぷたが夜空に赤く浮かぶと、鬼がいたらこんなのかもとも思え、まさしく圧倒される、の一言に尽きます。

 

掛け声は「ヤッテマレ!ヤッテマレ!」で、津軽弁で「やってしまえ!」の意味ですね。

毎年3台ほどの大型ねぷたと町内や学校、愛好会で作られる小・中型ねぶたの計15台ほどが出陣しています。

 

祭り期間は8月の4日~8日で、期間中でなければ「立佞武多の館」でたちねぷたの展示を見ることができます。

>>青森ねぶた関連観光スポット【楽天たびノート】

まとめ

青森ねぶた・弘前ねぷた・五所川原たちねぷたの違いについて、それぞれの魅力をご紹介しました。

期間もかなり近いものですので、それぞれを見て比べてみるのも面白いと思いますよ。

スポンサードリンク