スポンサードリンク

イラストレーターCS6の正規品を買って、CCの契約を回避するべく今更イラストレーターCS6を売っているお店を探しまわりました。 最終的に正規品を購入できました ので、永続ライセンス(買切り版)を買う時の注意点や販売店の情報をシェア!

ただし、1万 2万前後で正規品は買えません。

でもAdobe CC (Creative Cloud)を契約する場合は月に4,980円=年間約60,000円の出費となりますから2年以上つかうなら10万でも安い計算になります。(紹介している正規品はそこまで高くはないですよ 笑)

一番マズイのは、海賊版、クッラック版など違法ソフトを買ってしまうこと。(激安なのはまず殆どこれです

正規品と書かれていたけどクラック版だった!という有名な詐欺サイトの情報についてもシェアしていますので、値段につられて大損しないようにじっくりお読みくださいね。(私も買う直前までいきました。危なかった~)

Adobe専門ショップ 正規品本店

Adobe専門ショップ 正規品本店
・【正規品】Adobe Illustrator CS6 日本語 Windows版
・【正規品】Adobe Illustrator CS6 日本語 Mac版

どうしても継続課金のイラストレーターCCを使いたくない理由

仕事柄イラストレーターを使っているのですが、XPにインストールした8.0がディスクもシリアルも引っ越しなどで紛失。(ユーザー登録してあればなんとかなったかもww)

さすがにXPからOSを変更しないといけないのですが、気がついた時にはもうクラウドタイプのCCにイラストレーターは切り替わってしまっていて、どのお店を覗いてみてもパッケージ版は販売終了してしまっていました。

ビッグカメラ、エディオン、ヤマダ電機、ジョーシン、ケーズ、楽天、amazon、ヤフーショッピングなどなど・・どこを探してもパッケージ版は在庫なし!!
最後のパッケージ版のCS6じゃなくてCS5やCS4でも見つかれば検討してみようかとも考えていましたが、別バージョンも全滅でした。

仕事で使うのでCCで年払い契約で使えばいいと思うかもしれませんが、業態が変わった為、イラストレーターは今までの業務を継続するには必要だけど、使用頻度がかなり減っているため、継続課金されるのは避けたいのです。

イラレCS6は違法版、海賊版がわんさか販売されている現実!

そこで、ネットでパッケージ版の最終であるCS6を探しまわってみたのですが、信じられない程安い激安価格じゃないですか!

逆にこれは、海賊版やクラックしたりする違法なソフトではないかと調べてみましたら、やっぱりたたき売りの金額で販売しているものは違法なものが殆どだと分かってきました。

ヤフオクなどは特に怖いですし、ショップが販売しているものも信用できないというのが正直なところです。

Adobe法人向け大量契約バージョンが流通している模様

それでも永続ライセンスをあきらめきれずに調べてみたところ、法人向けのアカウントというものがあり、デザイン会社などが大量に購入して使わなかったものが転売されているらしいと知りました。

これなら正規品だし、バカ高い値段でもないので買おうとおもったのですが、そう上手くは行かないものです。

 

こちらは、一度インストールしたら他のPCへの引っ越しなどができないといった制限のあるタイプだというのですね。

これでは、PCがいきなりダメになった場合や、PCを新調した時に今と同じ悩みに逆戻りしてしまいます。

CS6アカデミック版パッケージなら売っているところがあるかも?

しばらく前、イラストレーターのパッケージ版を安く買いたいと思って調べた時に、教材とセットでアカデミック版が買えるというサービスがあったのを思いだしました。

社会人であっても、イラストレーターの使い方を学ぶために入学するという建前で、どうやら学生として扱われ、だれでも学割価格でかなり安く購入可能というシステムがあるのです。

 

これは違法でもなんでもなく、アドビー社に正式にスクールとして認められている業者のサービスなので、まちがいなくCS6も正規品なわけです。

(ちなみみに、学生ではなくなってもその後もずっと使い続けられるので、実は正規にしかも非常に安く購入できる方法だったのです。)

何箇所か同様のサービスをしている業者がありましたので、ダメ元であたってみたところ、やはりこちらもすべてCCに切り替わった後でした。

それなりの価格だが正規品(ダウンロード版)を買える店を発見!

ヤフオクなどで正規品と書かれていても信用すると痛い目に合う可能性があると思ってます。

なぜかというと、「正規品」と謳っている理由はダウンロード自体は正規のサイトから行っているからなのでは?と思うからなんです。

実は正規のプログラム自体は試用版として、ダウンロードできるようになっているんです。当然動作確認できる程度の短期間しか使えないようになっています。

それを違法な形で無期限でつかえるようにするといった手法がどうも多いようなのです。

そんなものに1円でもお金を払うほど馬鹿らしいことはないので、引っかかっては行けませんね。

 

esoft-shopというヤフーにも出店しているお店を発見!正規品と謳っているが・・

そんな中、わりとちゃんとした法人経営しているようなサイトでイラレCS6を販売しているお店を発見したのです。

値段はたしか2.2万程度だったでしょうか?
こちらは正規品だと書かれていたので、買おうかとおもったのですが、(正規品でこの価格だったら激安すぎですから、一瞬テンションMAXでポチる寸前だった^^;)
正規品っていうのは、もしかして不正な使い方でも正規品と言えるのでは?となぜか気になり、URLを検索してみました。

すると・・アドビのユーザー向け情報交換サイトがヒット!

そこに書いてあったのは、「ここは有名な詐欺サイトです」の一文。
※これがその書き込み⇒ esoft-shopからInDesignのダウンロード版を購入しました。 |Adobe Community

 

たしかにesoft-shopで検索してみると

esoft-shop 評判
esoft-shop 口コミ
esoft-shop 評価
esoft-shop.com

といった言葉で検索している方が大勢いるようでした。
そして極めつけでこんなサイトまで発見!

⇒株式会社ヒロタ | 詐欺トラブルに関する報告・相談サイトとして、最新情報を共有し、解決に役立てるための無料口コミ投稿情報サイト
※現在はサイトが閉鎖されたようです。
決定的だと感じたのはこのサイトに書いてあった、インストール方法をコピペした内容のこの一文です。
「それから、送付したhostsファイルを置き換えてください。」

CS6をクラックして使う方法の場合は、このファイル置き換え作業が必要になる みたいな事を他で読んだので、この時点で、私の中ではesoft-shopは黒 という判断となりました。

もう少しで購入してしまうところでした。危ない危ない。

 

そしてその後、正規品のCS6 ダウンロード版を販売しているお店をやっと発見しました。

 このお店だけは、正規品であることだけではなく、正規品である根拠がきちんと書かれていたんです。 

このお店だけは他と違って、一度インストールしたCS6を認証解除し、別PCに移すことが可能ということや、ユーザー登録も当然できるというこをがハッキリ明記されているんです。
(※ショップのTOPページで記載が確認できますが、スマホの場合は表示されませんので、PC向けのTOPページを表示させて確認してみてください。)

つまり、売り払われた法人向けアカウントでもなく、海賊版やクラックによる不正使用でもあり得ないというわけです。

金額は他よりは高額でした(正規品だから当たり前です)が、最終的にはこのショップでCS6を購入しました。

安い違法版を買って“人生終わた”なんてまっぴらごめんですからね。
(参考:ライセンス違反利用の損害額 大阪地判平15.10.23-約7000万円の損害賠償請求

やっと見つけた!安心の正規品イラレCS6!
>>>Adobe正規専門ショップ 正規品本店

 

ここで買って正解だった!と思ったのにはお店の対応が予想外に良かった事もあります。

領収書の発行や納品書の添付、また問い合わせ先の電話番号もあちこちにキチンと記載されていて好感がもてました。
又、購入後も メールの他、電話サポートを受けられるので安心なんです。

2台インストール可能なCS6は違法なものなの?

結果的にはこちらのショップで正規品が購入できてラッキーだったのですが、実は購入前にひとつだけ疑問がありました。

それは、2台までインストール可能と書かれていた点です。

どこかの書き込みで、「2台までインストールできると書かれていた時点で海賊版、違法版とわかるでしょ!」という内容のものを見たからでした。

 

ところが、この2台までインストール可能というのは正規品の通常の仕様となっていて、所有者が自分のPC2台までインストールして使えるというのがデフォルトだったんです。

ただし、同時に使用することは禁止事項となっています。

実際に、同時につかおうとしてみても、起動するとオンライン上でその都度認証行為が自動でされるために、使えないようになっているとのことです。(オフライン環境だと同時起動できてしまうらしいですが^^;)

ということで、Adobe Illustrator CS6 日本語 Windows版正規品をなんとか正式な形で手に入れることができました。

 

 ちなみに、Mac版のイラストレータCS6をはじめ、フォトショップや インデザインなど一通りのアドビソフトCS6シリーズの買い取り版は今のところまだ購入が可能となっています。 

ただし、(アドビでのダウンロード版販売は終了している様子なので)こちらの在庫が無くなってしまえばCCを使う以外に選択肢がなくなってしまうと思います。

 

正規品をキチンと使いたい方、特にSOHOや法人としてアドビー製品を使うという方の場合は、CS6のダウンロード版在庫が無くなる前に正規品を手に入れておくことをおすすめします。

私の場合、以前アカデミック版を検討した時に「何か怪しい・・」と思って購入しなかったため、今回のように困った状況になってしまいましたので。

やっと見つけたCS6正規品販売店>>Adobe正規専門ショップ 正規品本店

面倒だからcs6は諦めてCCにする?メリットとデメリット

Adobe CC (Creative Cloud)に完全に切り替わってからかなり経ちましたが、使いづらいという声などの不満もやはりまだあります。

そこで、CCに乗り換える場合のメリットやデメリットについても書いてみます。

CCのデメリット

まず、CCは月額4980円が毎月かかってしまいます。
この金額は、アドビーのソフトを常に最新バージョンで全部使えるのは魅力的ではありますが、ソフトを1本や2本しか使わない場合にはかなり痛い出費となってしまいます。

法人でイラレを使わない日がないような場合は問題ない価格だと思いますが、個人経営の事業主で一人社長みたいな場合にはこれ結構痛いです。

また、ソフトが最新であることで、逆に過去のデータの再現性やレイアウト崩れなどの心配もやはりあります。

人によっては、セッターや印刷が万一ストップしたら大変ということで、古いマックとCS6の組み合わせが安定してベストとおっしゃる方もいます。

CCに乗り換えるメリット

次にCCに乗り換えるメリットですが、常に最新のソフトを全部使い倒すことができる点でしょう。
また、ソフトの改良が進んでいるため、3D描画系をメインにしているならやはり最新のものを使うのが良いでしょう。

様々なエフェクトをかける必要があっても、CS6ではできない(又はえらく手間がかかる)ケースが多くあります。

又、無形固定資産として買い取りソフト(10万以上)は資産計上する必要がありますが、CCの場合は月払いのリース扱いとなりますから経理上はすこしだけ楽になると思います。

【追記】amazonでCS6が出品されている件について注意点

この記事を最初に書いた時にはamazonのイラレはCCのみで、CS6は販売されていませんでした。

ところが、最近並行輸入品などと書かれたCS6がご紹介したお店より僅かに安い金額で販売されているのを確認しています。

このamazonに出品されているCS6については、購入したわけではないので正規品なのか?認証や解除が可能なのかは正直わかりません。

ただ、販売者名にかかわらず、どうも個人が販売しているみたいなのが気になっています。

PCソフト専門のお店みたいな名前になっているんですが、過去の販売実績数が極端に少なかったり、扱っている商品数がとても少ないので、いわゆる「転売商法」をされている一般個人からの出品ではないか?と想像しています。

もしそうなら、安くはない買い物ですし、私だったら不安なので手を出さないです。
領収書の発行ひとつとっても、面倒なやり取りが発生しそうですし、それどころか動かない、認証をはねられるなんて事態だけは避けたいですからね^^;

参考まで・・

実際に購入して確認済み!>>CS6正規品販売店

Adobe専門ショップ 正規品本店