あせもにステロイド市販薬は?

夏になると悩まされるあせも。最近「大人のあせも」が増えています。

痒みを我慢するのもつらいですが、首回りに赤いプツプツができていると、外出するのも憂鬱になってしまいますよね。

ひどくなる前に適切な治療をしないと、化膿して跡が残ることもあります。

あせもにならないためにはどうしたらいいのでしょう?

原因と対策、ステロイド入り市販薬について調べてみました。

あせもの原因大人の場合は?

暑いときに汗をかくのは体温の上昇を防ぐために大切なことですが、大量の汗をかいたままでいたり、肌が蒸れた状態が続くと、汗管が詰まってしまいます。

詰まってしまった汗は皮膚の中にたまり炎症をおこします。これがあせもになるのです。

一般的に見る、痒くて赤いプツプツができるものは紅色汗疹(こうしょくかんしん)といわれるもので、たかがあせもと軽く考えて掻きむしっていると

化膿したり傷痕が残ってしまいます。

あせもが出来やすいところは、首回りや背中、胸の下、肘の内側、足の付け根、膝の裏側など。
衣服や下着があたっていたり、肌が擦れて乾きにくいところは特に気をつけた方がいいでしょう。

あせも原因と対策はこれ!

まずはあせもにならないように予防しましょう。

汗をかいたらすぐにシャワーで洗い流すことができたらいいのですが、1日に何度もシャワーを浴びることはなかなかできませんよね。

今は汗用のウェットシートが売られていますので、外出時にはこまめに拭くようにしましょう。

汗をかいたまま乾燥させてしまうと、肌に雑菌や汚れが残り、あせもがひどくなってしまいます。

夏はBBQなど野外で楽しむことが多いでしょうから、汗をかいたら着替えができるように衣類を持って行った方がいいですね。

下着なども締め付けないように気をつけて、吸収性のいい素材の物に替えましょう。

スポンサードリンク

帰宅したらなるべく早くぬるめのシャワーかお風呂に入り、患部を強くこすらないように洗ってください。

熱いシャワーやお風呂は、出たあとで痒みが増すことがありますので、おすすめしません。

とにかく肌を清潔に、サラッとした状態でいることを心がけてください。

痒くなっても、掻きむしったりしませんように。寝ているときはしかたがありませんが、起きているときは、患部を冷やして痒みを抑えましょう。

ここで掻いてしまうと悪化してしまったり、傷跡のように残ってしまいます。

氷で一気に冷やすと温まるのも早いですから、痒みが増してしまいます。冷たい濡れタオルでじんわり冷やすようにしましょう。

それでも、赤くプツプツが広がり、痒みが治まらなかったら、患部を刺激しないように薬を塗りましょう。

あせもの薬 ステロイド市販薬は大丈夫?

あせもの薬は色々なタイプが出ていますので、ご自分が使いやすそうだと思うものを選んでみてください。

軟膏タイプ、パウダータイプ、スプレータイプなどが出ています。

薬によっては白くなってしまうタイプもあります。首回りなど肌が露出する部分には「白残りしない」と書かれた薬をおすすめします。

薬の成分が気になる方もいらっしゃるでしょう。

かゆみを抑えるのには、ジフェンヒドラミンなどの抗ヒスタミン成分やクロタミトン、炎症を抑えるのにはステロイド系と非ステロイド系があります。

ステロイドは即効性があるのであせもを早く治す効果がありますが、抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

ステロイドが入った市販薬のメリットは炎症を強力に抑えることができること、デメリットは使い方に制約が多く、正しい使い方をしないと効果があまり得られないことなどがあります。

心配な方は非ステロイド系のお薬も出ていますので、そちらを使用するといいでしょう。

アトピーで悩む赤ちゃんにも安心して使えるステロイド不使用のおすすめクリームを一つご紹介します。

調べてもらうとわかりますが、これ凄く評判がよいです。
(報道ステーションでも紹介されました)

くわしく知りたい方は公式サイトで確認してみてください
ライスパワーショップ

まとめ

高温多湿の日本の夏は、子供だけではなく、大人もあせもに悩まされます。

夏だけだから、と軽く考えないで、汗をかく季節の前からしっかりと予防しましょう。

市販薬を使っても改善されない方は、病院で診てもらってくださいね。

スポンサードリンク