簡単風呂掃除アイテム
水回りのお掃除はできればやりたいくないけれど、放っておくわけにもいきません。

特にお風呂掃除はサボればサボるほど面倒なことに!

さほど広くもないスペースなのに、お風呂掃除って、けっこう重労働なんですよね。

 

お子さんがいてゆっくり掃除ができない方や、いつも仕事の帰りが遅くてお風呂掃除するほど気力も体力も残っていない方。お風呂掃除が面倒で苦手な方。

なんとか楽に掃除を済ませられないものかとお考えでしょう。

すべて一気に終わらせようとするから大変になるのです。

お風呂掃除のちょっとしたコツをつかめば、毎日楽に掃除をすることができます。

それでは始めてみましょう!

スポンサードリンク

お風呂掃除は簡単に毎日やりましょう!

まずは1度、徹底的にお風呂掃除をします。その後、パーツに分けて毎日少しずつ掃除をしていきましょう。

というのが理想ですが、徹底的なお掃除は忙しいとなかなかできませんよね。

でも毎日少しずつのお掃除はできるはず。お風呂に入りながらでもいいのです。

 

最大のコツはお風呂場が温かいうちに掃除をすることです。

汚れがゆるんで掃除しやすくなります。

シャワーですますことが多い方は、掃除の前に熱めのお湯を全体にかけてから掃除してくださいね。

浴槽は、お湯を半分くらい抜いてから、またはお湯を抜いてすぐの温かいうちにスポンジでこすってください。

スポンジでこするだけでもきれいになりますが、汚れが気になる方は洗剤を少し入れてください。

その日のお風呂掃除は浴槽だけでもかまいません。

浴槽以外のお掃除は、面倒だったら1日1カ所で終わらせましょう。

 

洗面器や椅子などのお風呂グッズ、天井、浴槽の蓋など、その日に決めたところを簡単に毎日お掃除していくだけで、1週間もすれば全体がきれいになります。

髪の毛にトリートメントを付けて時間をおいている間や、体を洗い終わった後など、壁や床を掃除して一気に泡を流せばスッキリ。

自分のやりやすい掃除スタイルが決まれば、お風呂掃除は意外と簡単に毎日続けられます。

毎日お風呂全体をピカピカにしなければいけない、というストレスも一緒に洗い流してしまいましょう!

そのうち1カ所だけではすまなくなり、いろんなところが目に付くようになるでしょう。お掃除の範囲も広がっていくかもしれませんね。

もう少し念入りに掃除がしたくなったら、細かいところもきれいにしていきましょう。

排水口の汚れを簡単に落とす方法

排水溝の汚れは放っておくと、すぐにヌルヌルになってしまいますよね。

たまった髪の毛は乾いた方が取りやすいので次の日の朝に捨てるようにして、排水溝は1週間に1度でいいですから、洗剤を付けて古い歯ブラシでこすっておきましょう。

 

汚れがひどいときは排水溝のパーツをビニール袋に入れて、カビ取り用洗剤をシュシュッとかけて、しばらく置いておきます。

袋を軽くもんだりすると、さらに汚れが落ちやすくなります。あとはしっかりとシャワーで洗い流すだけ。簡単にきれいになります。

カビ取り用洗剤は刺激が強いものが多いので、ゴム手袋をしたり、あまり顔に近づけないように気をつけてくださいね。

お風呂場の鏡のうろこ状汚れの落とし方

鏡も放っておくとうろこ状の汚れがついてきますよね。

鏡の汚れはなかなか頑固なのですぐにはきれいにならないかもしれませんが、ホームセンターなどで専用の洗剤が売っているので使ってみましょう。

それほどひどい汚れでなければお風呂洗剤やクレンザーでもきれいになります。

床や壁をこするときもそうですが、円を描くように丸くこすってください。上下にゴシゴシこするより汚れが落ちやすくなります。

意外に汚れやすい浴室ドアのお掃除方法

浴室のドアも汚れやすいところです。特にゴムパッキンはカビが発生しやすいです。

カビ取り用洗剤をかけてから、数分後に洗い流すときれいになります。

カビ取り用洗剤を使わずお風呂洗剤だけでゴシゴシとこすり洗いを続けていると、そのうちゴムパッキンが消耗してダメになってしまうので、なるべくなら洗い流す方法がいいですね。

 

ユニットバスであれば、半年に1度か1年に1度でいいので、浴槽の前面に付いている「エプロン」とよばれる浴槽パネルを外して洗いましょう。

排水溝をいくらきれいにしても臭いが消えないのは、この“エプロンの汚れ”のせいかもしれません。

あとは、お風呂を出るときに、カビが発生し辛くなる温度にするために冷水シャワーをかけるか、スクイージーで水滴を落とせば完璧です。

お風呂掃除にこんな楽グッズを取り入れると楽しくなってくる

いろんなグッズを使ってさらにお風呂掃除を楽にしましょう。

柄の長いスポンジ(ブラシ)は、腰をかがめて床や壁を掃除しなくていいので便利です。天井も楽に掃除ができますね。

車を洗車するときに使う柄の付いたスポンジも、使ってみると意外に便利なんですよ。スポンジが大きいですし、ほどよい堅さで洗いやすいのです。

3,000円ほどでお風呂の電動ブラシも売っています。お風呂上がりに掃除できなくて急いでいるときには助かりますね。

100均にも使える道具がたくさん売られています。

先が細くなったブラシは壁と床のコーナー掃除に。お風呂の蓋の溝をきれいにするブラシは人気の定番商品です。

お風呂の棚にいろいろ置いていると、水垢が付いて掃除する場所が増えてしまいます。

ボディソープやシャンプー類は仕方がないとして、洗剤はなんとかしたいですよね。

でもお風呂場にあるとすぐに掃除ができて便利なので、やっぱり置いておきたいものです。

そういうときは、スプレー式の洗剤に限りますが、握りのレバーの部分を浴室内に付いているバーにかけておくと便利ですよ。

 

体を洗うタオル掛けに使っていて洗剤をかける場所がない方には、無印良品の吸盤付きフックが便利です。

かけられる幅が合うなら突っ張り棒も使えますね。

浴室に置いておくとどうしても水垢が付いてヌルヌルしてきますから、なるべく床に置かないように、掃除もしやすいように必要な物だけ置くようにしましょう。

お風呂掃除のおすすめ洗剤はこれ!

浴室は場所によって汚れが違います。

例えば、浴槽は汗や皮脂汚れ、床は皮脂汚れと石けん滓、鏡や蛇口は石けん滓やカルキ汚れなど。。

とは言え、汚れによって洗剤を使い分けていると浴室は何種類もの洗剤だらけになってしまいますので、自分で使ってみて納得のいく洗剤を見つけるしかありませんね。

最近ではすっかり定番になった重曹やクエン酸はどこでもお安く手に入り、塩素系の洗剤よりは安心なので使いやすいでしょう。

 

床の汚れなどには重曹と酢を合わせたもの、蛇口の白くこびりついた水垢は、クエン酸水を作りキッチンペーパーに含ませて汚れ部分に貼り付けておくとよいですよ。

お風呂掃除用洗剤と言えば、最近では強力そうな業務用洗剤もよく見かけるようになりました。

即効性がある物が多いですが、混ぜると有毒ガスが出る物がありますので説明書をよく読んで使ってくださいね。

 

ここで、私がおすすめするお風呂掃除の洗剤をいくつかピックアップしてみます!
※画像は楽天のショップさんにリンクしています

・浴室あかとれ~る(セイエイ)¥1058前後


ちょっとお高めですが、石けん滓や皮脂汚れ専用洗剤です。石鹸カスや皮脂のよごれはこびり着いて落ちにくいものですが、そんな頑固な汚れを分解、除去してくれる優れものです。臭いがあまりキツくないのも嬉しいです。

でも換気には十分気をつけてくださいね。

・重曹おまかせスプレー(服部製薬)¥420前後
 

肌が弱い方には安心の洗剤です。重曹は研磨と消臭作用があるので、特に排水溝のヌメリや蛇口をきれいにしたい方におすすめです。

・バイオお風呂のカビきれい(コジット)¥980前後
 




せっかく頑張ってお風呂掃除したのだから、きれいを長続きさせたいですよね。バイオの力でカビの発生を抑えてくれますよ。

ただし、バイオ(生物)なので、塩素などのカビ取り剤には弱いので注意が必要です。

まとめ

毎日、完璧にお風呂掃除をするのは大変ですが、その日決めたところだけお掃除していくと、浴室がどんどんきれいになっていきます。

「簡単に、毎日楽して少しずつきれいに」

これはお風呂掃除だけのことではありませんね。

普段の生活も無理せずできる範囲できれいに暮らしていきたいものです。

無理はしないけど、続けることが肝心。

今日も1日頑張ったら、きれいなお風呂に入ってリフレッシュしましょう。

スポンサードリンク