アロマオイルブレンドレシピ
アロマの香りの商品は年々人気が高まっています。

芳香剤やハンドクリーム、ボディクリームにシャンプー、柔軟剤などいろんな商品に使われています。

キツすぎない優しい香りが人気を呼んでいるのかもしれませんね。

 

こうした市販の商品は使っても、本物のアロマオイル(精油)を使う方はまだ少ないようです。

どこのブランドのオイルを買っていいのか、どうやって選べばいいのか、アロマ初心者は迷ってしまいますよね。

はじめての方は、用途に合わせて数本のオイルを揃えるだけで十分です。お好みの香りでリフレッシュしてくださいね。

スポンサードリンク

アロマ初心者さんにおすすめの5本!

自分でも理由は分からないけれど、どうしてもこの香りに惹かれてしまう、ということはありませんか?

この香りをかぐと落ち着く、昔を思い出すなど直接こころに響くことがありますよね。

脳内では、香りが伝わる部位と、本能的な快、不快、喜怒哀楽などに関係している部位が近いため、香りによって気持ちが左右されることがわかっています。

 

アロマオイル(精油)は、人間のこうした脳の働きに作用して、こころを癒やし、自然治癒力を高めてくれるのです。

アロマオイルをはじめて使う方は、ひとつひとつ香りをかいで気に入ったオイルを購入する方がいいですが、香りをかぎすぎると何が良いのか分からなくなってしまいますよね。

小さな瓶なのにオイルによっては値段の高い物や、ブランドによってもかなり値段の差があります。

まずは2~3本から揃えてもいいですし、5本あれば十分です。使い方に慣れてきたら用途に合わせて買い足していけば良いでしょう。

おすすめアロマオイル5本

使いやすく、ブレンドしやすいオイルを選んでみました。

・ラベンダー(オールマイティに使えます。興奮、緊張、不眠、など)

・オレンジ スィート(ほっとくつろぎたい時に。心配、イライラ、冷え性、肩こり、など)

・ゼラニウム(女性に嬉しい効果が多いです。精神疲労、月経不順、むくみ、更年期、など)

・ローズマリー(やる気や自信を引き出してくれます。不安、無気力、慢性疲労、デオドラント、など)

・ティーツリー(冷静で前向きな気持ちに。記憶・集中力低下、免疫低下、皮膚の炎症、など)

アロマオイルでリフレッシュできるブレンドのレシピと使い方

アロマオイルは、原液を直接肌に付けると炎症を起こすことがあります。

ルームフレグランスやセルフケア用のものを作るときは、必ずキャリア(基材)と混ぜて作ってくださいね。

主に使うキャリアは、天然塩、みつろう、ホホバオイル、アロエベラジェル、精製水、無水エタノールなどですが、慣れてきたら他のキャリアを使っていろいろ作ってみてください!

キャリアを使わずアロマを楽しむ方法

お金をかけずに簡単にフェイシャルケアをしたいときは、ボウルや洗面器に70℃~80℃の熱めのお湯を入れ、お好みのアロマオイル(精油)を1滴~4滴垂らして湯気と一緒にゆっくりと吸い込んでください。

 

頭からすっぽりとバスタオルで覆うとより効果的ですよ。オイルが目の粘膜を刺激しないように必ず目をつぶってくださいね。

湯気と一緒に吸い込むことで精油の成分が身体に取り込まれ、お肌もしっとりです。熱いお湯を使いますから気をつけてください。

 

お風呂にもぜひアロマオイルを(精油)を入れてください。皮膚からも呼吸からもオイル成分が吸収されてリラックス効果があります。

5~6滴程度が目安ですが、はじめての方は1~2滴から始めてみましょう。足湯も気持ちが良いですよ!

キャリアを使ってブレンドしてみましょう

数種類のアロマオイル(精油)をブレンドすることで相乗効果が期待でき、より深い香りを楽しむことができます。

先にご紹介した「おすすめアロマオイル5本」からブレンドしてみます。敏感肌やアレルギーがある方はパッチテストしてから使ってくださいね。

今回は手軽に使えるスプレーと夏に活躍するジェルのレシピをご紹介しましょう。

アロマスプレーとジェルのブレンドレシピ

・ルームスプレー(気分転換、リフレッシュ)の作り方レシピ

ティーツリー5滴、ローズマリー6滴、無水エタノール15ml、精製水30ml。

スプレーボトルに入れてよく振ってから使ってください。無水エタノールが苦手な方は量を減らすか、精製水だけでもかまいません。

・レスキュージェル(ひんやりした使用感が夏にピッタリ)の作り方レシピ

ラベンダー3滴、ティーツリー3滴、アロエベラジェル30ml。

アロエベラジェルにオイルを入れて竹串でよくかき混ぜてください。鎮静、抗炎症作用があるので虫さされにもいいですよ。

精油選びは安心なブランドから

アロマオイルと呼ばれるものはとても沢山の種類があり、お値段は思っている以上に幅があります。
あんまり安いものは、精油(=混ぜものなしのアロマオイル)ではなく、香料がつかわれていたり人工的につくられたものだったりもします。

肌につけても使うものですから、その点でも信頼できるブランド選びは実はとても重要な要素なのです。

 

これからご紹介するのはすべて天然の精油を使っているブランドです。

初めての方は安心できるブランドから選んでみたらいかかでしょう。

 

・ニールズヤード レメディーズ


コスメ好きな方ならご存じの方も多いでしょう。オーガニックにこだわり続けるイギリスの老舗ブランドです。オンライン限定ではじめの方用のアロマセットも購入することができます。

ニールズヤード メレディーズオンラインショップ https://www.nealsyard.co.jp/onlineshopping/

楽天にも出店してます>>http://item.rakuten.co.jp/nealsyard/c/0000000255/

 

・プリマヴェーラ

ドイツの老舗ブランドです。フェイスケア、ボディケア商品も豊富です。

オンラインショップ http://www.primavera-japan.jp/

プリマベーラブランドの精油一覧【楽天】

 

・生活の木

キャリアの品揃えが豊富で、3mlから購入できるのでいろんなアロマを試してみたい方におすすめです。

オンラインショップ http://onlineshop.treeoflife.co.jp/

生活の木ブランドエッセンシャルオイル(精油)【楽天】

まとめ

今回は一般的に呼ばれている「アロマオイル」で統一して書かせていただきましたが、植物から抽出した天然のものはエッセンシャルオイル、精油と呼ばれます。

 

人工的に作られたものはフレグランスオイルです。

香りだけを楽しむならフレグランスオイルでもかまいませんが、セルフケアに使う物は天然のエッセンシャルオイル、精油を使ってくださいね。

 

基本的には赤ちゃんには使わないようにしましょう。

又、妊娠中や肌トラブル、病気をしているときは使い方に注意しましょう。

光毒性のあるミカン科、セリ科は日に当たるとシミになることがあります。

開封したアロマオイルは1年以内に、ブレンドしたものは1~2ヶ月で使い切ってくださいね。

 

アロマはお薬ではないので病気を治すことはできませんが、こころを穏やかにしてくれたり気分転換ができたり、自然治癒力を高めてくれます。

お気に入りのオイルをコットンに数滴垂らしてベッドの横に置くだけでも作用があります。

使い方に慣れたら用途に合わせていろんなアロマをブレンドして、セルフケアグッズを作ってみましょう!

スポンサードリンク