登別温泉地獄谷
久しぶりの両親と一緒の家族旅行。喜んでくれるところに行きたいけれど、どこにしようか? と悩んでしまいます。

旅行好きの70代の方ですと、けっこういろんなところに出掛けているんですよね。

そんなご両親がまだ行ったことがないなら、ちょっと足を伸ばして登別温泉はいかがでしょう。

緑に囲まれた自然豊かな場所で、ゆっくりと温泉につかって美味しいものを食べると、両親との会話も弾んで楽しい旅になるはずです。

今回は温泉街から近い観光場所とおすすめの宿、登別までのアクセス方法をご紹介します!

スポンサードリンク




70代両親と行く旅行おすすめ観光地

今時の70代は若くて元気な方が多いですが、家族としてはなるべく体の負担が少ない旅行にしたいですよね。

アクティブに観光地を見て回るのもいいですが、宿泊場所からあまり離れていないところでのんびりと観光するのもいいものです。

70代の方でも楽しんでいただける観光地をいくつか選んでみましたので、参考になさってくださいね。

登別地獄谷

温泉街から歩いて行ける場所にあり、登別では定番のスポットです。地獄谷は日和山の噴火でできた爆裂火口跡で、直径は約450m、面積は約11haあります。

あたりは硫黄の匂いに包まれ、赤茶色の大地からは白煙が立ち上り、その眺望はまさに地獄のよう!

硫黄泉、鉄泉、食塩泉、重曹泉など、たくさんの種類の温泉が1日に1万トンも湧き出ています。

そんなダイナミックな景色を眺めながら地獄谷散策路を歩くのは迫力満点。足場の悪い箇所もありますので、ご両親には歩きやすい靴をはいていただいてくださいね。

夜は地獄谷散策路の足下に明かりがともり、昼間とは違う幻想的な雰囲気に圧倒されます。昼と夜の地獄谷の違いをぜひご家族で楽しんでください。

のぼりべつクマ牧場

温泉街の南東、四方嶺の山頂にあるクマ牧場はロープウェイで行くことができます。

山頂まで約7分で到着しますが、ロープウェイからの眺めがとても素晴らしいのです。夏は生い茂る緑の景色が目にまぶしく、秋は色とりどりの美しい紅葉を観ることができます。

クマ牧場では、熊を間近で観察することができる「人の檻」や、愛嬌たっぷりにおねだりする熊に餌をあげたり、おちびさんたちが集まる子熊の幼稚園もあります。

ヒグマ博物館や、アヒルレースに犬のショーなど、大人でも楽しめるアトラクションがありますよ。

ユーカラの里(アイヌコタン)

もう一つ、ぜひ観ていただきたいのが、ユーカラの里(アイヌコタン)です。アイヌ民族の文化遺産を保存して後世に伝えるために、明治初期からの生活様式を再現した貴重な生活資料館です。

アイヌ民族の生活用具が300点も展示されています。ぜひアイヌ文化を体感してください。

登別伊達時代村

温泉街から少し離れた場所になりますが、「登別伊達時代村」も人気の観光スポットです。江戸時代の町並みを再現したパーク内では、忍者アクションショーや時代劇コメディーなどで盛り上がっています。

お侍さんや忍者、お姫様の衣装をレンタルして撮影もできるので、旅行の記念に家族で撮るのも楽しそうですね。

登別マリンパーク ニクス

「登別マリンパーク ニクス」も人気のスポットです。デンマークに実在するお城をモデルに造られた水族館には、約400種・20,000点の生き物が展示されています。

エスカレータの上に広がるアクアトンネルや、体を光らせて泳ぐ1万匹のイワシの水槽は銀河水槽と呼ばれるほど美しく、観る人を圧倒します。

そしてなんといっても1番の人気はイルカショー! マリンパークでは2種類のイルカを飼育しているので、2つのイルカショーを楽しむことができます。

登別マリンパークは大人も楽しめる水族館です。


登別温泉の宿おすすめを3件ご紹介

ゆっくりと温泉に入ることが目的なのか、美味しい食事を楽しみたいのかで宿泊先もかわってきます。泊まる場所は慎重に選びたいですね。

登別にはたくさんの温泉ホテル、旅館がありますが、その中でも人気のあるお宿を3件ピックアップしてみました。参考になさってくださいね。

第一滝本館

1500坪のスペースに大小合わせて35のお風呂があります。ホテルから地獄谷が近いこともあり、雄大な景色を眺めながらゆったりと温泉につかることができます。

広い館内では外に出なくても楽しめる施設が整っているので、ホテルでゆっくり過ごすことができます。

お部屋から大浴場まではちょっと遠いので、宿泊予約をするときはお風呂に近い宿泊棟(西館和室)を指定することをおすすめします。

プランによって様々な北海道ならではの食事を楽しむことができるので、ご両親と相談して美味しいものをいただきたいですね。


滝乃家別館 玉乃湯

入った瞬間からゆっくりと時間が流れているような旅館です。温泉はさほど広くはありませんが、露天風呂、露天風呂つき家族風呂があります。

入浴は翌朝10時まで利用できるのが嬉しいです。チェックアウトは11時なので、朝もゆっくりと過ごすことができますね。

食材も産地にこだわり、囲炉裏を囲んで食事をすることができるので、年配の方には喜ばれるのではないでしょうか。


御やど清水屋

趣のある古い旅館ですが、元割烹料理店だったこともあり、食事の美味しさには定評があります。私も宿泊したことがあるのですが、食べきれないくらいの料理が出てきます!

最近は大広間で食事をするビュッフェスタイルが多いですが、清水屋では夕食、朝食ともにお部屋で食事することができます。

誰にも気兼ねすることなく、家族だけでお喋りしながらリラックスして食事をするのにはぴったりの旅館です。

温泉は広くはないであまり期待しない方がいいですが、とにかく北海道で美味しい物が食べたい、というご両親のリクエストがあったら、おすすめしたい旅館です。


千歳空港から登別温泉へのアクセス


飛行機を利用する場合は新千歳空港になります。



スポンサードリンク


バスを利用する場合


空港から登別までの直通バスは1日2便「登別温泉エアポート号」が出ています。ただし、お昼の時間帯しかありません。

「高速はやぶさ号」というバスも出ていますが、途中でシャトルバスに乗り換えて、登別温泉街まで行くことになります。シャトルバスは1日3便出ています。

バスの利用は、時間帯や便数の変更がありますので確認してくださいね。 

JRを利用する場合


快速エアポートに乗って南千歳駅で降りて、「特急スーパー北斗」「特急北斗」「L特急すずらん」が出ていますので、時間に合う特急に乗ってください。

のんびり行くのもいいもんだ、という方は普通列車の苫小牧経由で行く方法もあります。

特急に乗っても普通列車に乗っても、JR登別駅で下車してください。そこからは路線バスで温泉街まで行くか、タクシーを利用することになります。


ご両親が乗り物の乗り換えを苦にしないなら、JRやバスを利用してもいいですが、帰りは疲れがでるかもしれません。

そういうときのために、空港からレンタカーを借りることも考えておいた方が良いでしょう。

レンタカーを利用する場合は、道央自動車道を使い、登別東ICで降ります。登別東IC前には、迫力のある大きな赤鬼が立っているので目印になります。

レンタカー参考サイト>>【北海道】車両クラス・料金

まとめ


たまの親孝行は、両親が行きたがっている温泉に思い切って予約を入れて自分たちも一緒に楽しみましょう。

自然に囲まれた登別温泉は、どんな季節に行っても楽しむことができます。

ゆっくりと温泉につかって美味しい物をたくさん食べて、ご両親と最高の思い出を作ってくださいね!

スポンサードリンク