下腹ダイエットエクササイズ
家事に子育てに忙しく、いつも自分のことは後回し。お腹回りがふっくらしてきたような気がするけど、こちらも後回し。

なんてことを続けていたら、ダイエットをしても下腹のぽっこりお肉がなくならない! とお嘆きの方は多いのではないでしょうか。

40代にもなりますと体の代謝機能は落ちてきますし、若い頃のようにちょっとダイエットをするだけで痩せる、ということが難しくなります。

放っておけば内臓脂肪も増えて、見た目だけでなく健康にまで悪影響を及ぼします。

普段の生活のちょっとしたことに気をつけるだけでいいのです。ぽっこりお腹を解消しましょう!

道具を使わないで簡単にできるエクササイズもご紹介しますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

お腹ぽっこりの解消法は?原因を知れば対処できる!

「筋肉の衰えと姿勢の悪さ」

腹筋、下腹の筋肉が衰えると、脂肪がたまりやすくなり、ぽっこりお腹の原因になります。

食事だけを抜くダイエットは体重は減りますが、同時に筋肉まで減らしてしまうため、お腹のたるみ、ぽっこりはなくなりません。

食事に気をつけることも大事ですが、脂肪を燃焼させる筋肉を付け、体幹を鍛えることが重要です。

また、体を支える筋肉が衰えてくると、正しい姿勢を保つことができなくなり、ますますお腹がぽっこりしてきます。

気づくといつも猫背になっている、ということはありませんか。背中を丸めて歩く姿は老けて見えますよね。

姿勢の悪さは骨盤のゆがみにも影響しますので、いつも同じ姿勢でいる方は気をつけましょう

腹筋に力を入れて正しい姿勢をキープすることを習慣づければ筋肉の衰えも防ぐことが出来ます。

「便秘とインナーマッスルの関係」

食生活や生活習慣の乱れ、睡眠不足やストレスなど便秘になる原因は様々ですが、インナーマッスルの筋力低下も便秘に関係しています。

インナーマッスルの筋力が低下すると、本来の位置から胃や腸が下がってしまい内臓の働きが悪くなります。

腸のぜんどう運動も弱くなってしまうので、便秘が慢性化したり、むくみやすい体になってしまいます。

腸内環境を整えながら、腹筋も鍛えて、下がってしまった内臓を正しい位置に戻すことが大切です。

もし、ダイエットサプリメントとの併用でエクササイズをするなら、カロバイプラスなどのBCAAが配合されたタイプにすることで、より効果的に基礎代謝をあげることができます。

ちなみにこのサプリ、便秘解消にも良いという感想が多いんです。

 

下腹ぽっこりエクササイズを始めましょう!

・ウエストひねり

1)足を肩幅くらいまで開いて立ち、胸の前で腕をクロスさせます。

2)体がぐらつかないように気をつけながら、ゆっくりと上半身を左右にひねりましょう。

ポイント

ゆっくりと息を吐きながらひねってください。10回を1セットとして、1日に2~3セットはやるようにしましょう。

・かんたん足あげ体操

1)仰向けの体制で両手を広げ、足は揃えて伸ばします。

2)その体制から、両足を揃えてゆっくりと90度くらいまで上げて、ゆっくり足を下ろします

ポイント

お腹の力で足を上げるように意識してください。それが難しいなら、お腹に意識を集中するだけでもかまいません。

腰を痛めないように気をつけてください。

10回を1セットとして、初日は1日1回、次の日は2回、と回数を増やしていきます。

・3秒キープ エクササイズ

1)仰向けに寝て、膝を立てます。足の裏がきちんと床に付いているか確認してください。

2)その姿勢のまま、下腹をへこませて、力を入れてください。

3)ゆっくりと上半身を起こして、3秒間じっと姿勢をキープ。

4)ゆっくりと上半身を下ろしてください。

ポイント

上半身を起こすときは、反動を付けず、首の力で起きないようにしましょう。

慣れるまではきついので、5回を1セットとします。

慣れてきたら、1日に2回、3回と増やしていきます。

ぽっこりお腹のダイエットは普段の生活から 女性向きの方法

女性は更年期になるとエストロゲンの分泌が減少するので代謝が悪くなります。

筋肉量も減り、基礎代謝が低下して内臓脂肪が付きやすくなってしまいます。

ぽっこりお腹はもちろんですが、メタボも気になりますよね。

普段からお腹回りの筋肉を鍛えて代謝を上げるようにしましょう。

家事、炊事、子供の世話など、普段の生活でもエネルギーは消費しています。

そんな生活の中に、ちょっと意識して取り入れるだけでさらに脂肪を燃焼させて、消費エネルギーを増やすことが出来ます。

大事なのは、下腹をへこませて力を入れること。

テレビを観ているときも下腹をへこまし力を入れながら上半身を左右にひねる。

料理をしているときもお買い物をしているときも、下腹に意識を集中させて、お腹をへこませながら力を入れる、力を抜くを繰り返す。

これだけのことですが、続けるうちに筋肉が鍛えられてぽっこりお腹の解消になります。

テレビを観ながら、歩きながら、掃除をしながら、「何かしながらちょっとやってみる」くらいの軽い気持ちで続けていきましょう。

まとめ

ダイエットを始めたばかりの頃は気合いが入っているので頑張りますが、そのうちだんだんとペースが落ちてやめてしまった経験はありませんか?

思っていたよりも効果が出なくてガッカリしてやめてしまうケースもありますが、「やらなければならない」と思うストレスで続けられないこともあります。

まずは生活習慣の見直しから始めて、ぽっこりお腹になってしまった原因を1つずつ解消していきましょう。

今回ご紹介したエクササイズはちょっとした空き時間に出来る簡単なものばかりです。

すぐに効果が出なくても、続けていると確実に筋肉は鍛えられます。

バランス良く食事を摂りながら、無理せずストレスをためず、楽しんでダイエットを続けましょうね。

スポンサードリンク